介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護事業所を運営している介護福祉士が、介護業界と介護についての情報を独自の見解を交えながら発信するブログです。

【閲覧注意】新人介護職の方は見ないで下さい

f:id:hareoku:20171026213741p:plain{見てしまいましたね…

 

こんばんは。ハレくんです。

 

タイトルに閲覧注意なんて大袈裟に書いちゃってますが、これから介護職になろうとする方や新人介護職の方にとっては多少ショッキングな内容かもしれません。

 

今回書いていく内容は、介護現場の現実です

介護職ではない方にも読んでもらいたい内容です。

 

(スポンサーリンク)

 

 

介護職員による暴力について

最近ニュースなどでよく目にすると思うのですが、介護職員による利用者に対する暴力事件。介護職が利用者に暴力を振る行為というのは、言うまでも無く最低の行為です。

 

介護サービスの利用者に暴力を振る人は、介護の仕事をしているいないに関わらず何かの事件を起こして捕まっているでしょうね…

 

仕事でのストレスが極限状態まで達しそうな時、暴力を振る以外の解決策なんて考えればいくらでもあると思います。例えば退職するとか

 

退職よりも暴力を選択するという事は、もはや普通の精神状態ではないと思うんです。

 

自分の心の問題は、正気の内にどうにかする事を心がけて下さい。自分を追い込みすぎる事も良くありません。

 

利用者による暴力について

また逆に、利用者による介護職員に対する暴力。これは殆ど事件になりません。

介護職員が泣き寝入りする事が殆どです。これまたおかしいですよね。

 

新人介護士の方や介護士を目指している人にはショッキングな内容かもしれませんが、身体に痣や引っ掻かれた傷が絶えない方は大勢います

 

介助の際に引っ掻かれたり殴られたりなんて事は介護施設では日常的な出来事です。

上司に相談しても「誠意が足りん」などの一言で済まされる場合が殆どだと聞きます。

 

中には「靴を履いていただこうとしゃがんだ際、膝で顔を蹴られ前歯を折られた」なんて方もいました。どこのクローズかと。いくら何でも可哀想じゃないですか…

 

介護士の方のSNSなんかを見てもらえれば分かると思いますが、辛い思いをしている方がかなりいます。

 

利用者からの暴力がきっかけでトラウマになり、介護業界を去っていった優秀な介護士も多く居ます。

 

最後に

利用者(お客様)だからと言って、暴力を振るという行為は最低だと思うんです。

 

上司に相談してもまともに対応してもらえないなんて声もよく耳にしますが、そのような上司もまた最低です。

 

改善すべき事はまだ山ほどある介護業界ですが、この現状が世間に広まるほど良い方向に向かうと考えています。

 

一人でも多くの人に知ってもらいたい。介護士の皆で、できる範囲で介護業界の現状を世間の方に発信していきましょう。

 

おやすみなさい。

 

この記事が面白いと思ったら是非シェアお願いします。


Twitterのフォローも是非

にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 介護ブログ 介護保険へにほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ