介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護事業所を運営している介護福祉士が、介護業界と介護について独自の見解を交えながら、スベる事を恐れずに勢いで書いていくブログです。

介護職を始めた理由と続ける理由

f:id:hareoku:20171026213741p:plain{続いてる

 

こんばんは。ハレくんです。

 

先日Twitterのフォロワーさんに、気になる事やブログにまとめて欲しい事がないかお聞きした所、沢山のリプライを頂きましたのでゆっくり記事にしていこうと思います。

 

今日は下の内容について書いていこうと思います。

 

 

介護業界に入ろうと思った理由

介護の仕事をしようと思った理由は、一言で言うと独立しやすかったからです

 

介護の仕事をするまでは全く畑違いの仕事をしていました(2年くらい)。普通~に事務職として働いていたのですが、1年くらい経ったある日辞めたくなったんです。

辞めたくなった理由は、自分の将来がある程度よめてしまったから。

 

何歳になると幾ら貰えて~何歳くらいで役職が付いて~何歳で退職して~

といった具合に、会社勤めをしているとある程度自分の将来像が浮かぶのです。

 

もちろん予想通りになんていかないでしょうが、サラリーマン人生は比較的先がよみやすい。良く言えば将来設計し易いのですが、それをつまらないと感じてしまう性格だったためとりあえず退職。今思えば思いつきだったのかもしれませんが、独立を目指し介護業界に足を踏み入れる運びとなりました。

 

働き始めると驚きの連続。その中でも一番のサプライズが、激務の末掴み取った初任給11万円という事実。狂気の沙汰ほど面白いとか言ってる場合じゃありませんでしたよ。おっと話が違う方向へ。

 

(スポンサーリンク)

 

 

介護職を続けている理由

介護職を続けている理由は、人と関わる仕事が好きなのは勿論、独立して先が見えにくい状況が割と楽しいのと、この仕事の将来が明るいものと確信しているからです

 

業界の未来は明るいと思っていますが、自分の会社の未来は自分の腕次第。この状況が楽しいのです。(また思いつきで何始めるか分からないけど…)

 

以上、僕が介護職を始めた理由と続ける理由でした。

 

最後に

長く介護士として働いている僕の立場から言える事があるのですが、同じ介護の仕事でも働く事業所の種類によって内容は大きく変わります。

 

例えばグループホームで働いていて毎日の業務が辛くて介護業界を去りたい方がデイサービスへ行くとストレスなく働けたり、訪問介護の仕事は合わないけど介護老人保健施設の業務は自分にピッタリなんてこともあります。

 

今介護職をしていて転職を考えている方は、他業界へ行くか、事業所を変えてみるか、よく考えてみるといいかもしれませんね。

 

おやすみなさい。

 

この記事が面白いと思ったら是非シェアお願いします。


Twitterのフォローも是非↓

にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 介護ブログ 介護保険へにほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ