介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護事業所を運営している介護福祉士が、介護業界と介護についての情報を独自の見解を交えながら発信するブログです。

ここらで一度ノロウイルスについて復習しておきませんか

f:id:hareoku:20171026213741p:plain{呪ウイルス

 

こんばんは、ハレくんです。

 

今年もやってきました。クリスマ…ノロウイルスの季節が。

 

介護事業所なんかでは感染対策の勉強会をやり始める頃ですね。

 

今日は、ブログを見てくれている方やその周りの方、自分の為にもなるように、ノロウイルスについてQ&A形式で簡単にまとめていこうと思います。(たまにはこんなのも良いかなと)

 

Q1、ノロウイルスってどんな病気?

 

A、おう吐、下痢、腹痛などを起こす病気。子どもや高齢者は重症化する事もあるので、保育園や介護施設などでは感染対策が必須。

 

ノロウイルスに感染した経験のある方曰く、「拷問されているかのような苦しさ」「まさに地獄」との事。感染したくないですね。

 

Q2、感染経路は?

 

A、ウイルス汚染した牡蠣などの二枚貝を加熱不十分な状態で食べた場合。感染者のふん便や嘔吐物から手指を介して。感染者の嘔吐物等の消毒が十分にできておらず空中に舞ったウイルスが原因で。感染者が調理をすることで食品や食器を介して。等

 

感染力がとてつもなく高いので、体調不良を隠して職場に出勤するのはやめましょう。

嘔吐や下痢の症状が見られたら、軽度であっても職場に相談する事をおススメします。

 

Q3、感染の予防策は?

 

A、貝類は十分に加熱し、調理に使ったまな板や包丁は熱湯消毒する事。また、調理の前や後など、小まめに手を洗う事。

嘔吐物や下痢便の処理はマスクと手袋をし、雑巾等でしっかり拭き取った後、うすめた塩素系消毒液(家庭用漂白剤を約200倍に薄めたもの等)で嘔吐物や下痢便のあった場所を広範囲に消毒し、処理に使った雑巾、マスク、手袋などはビニール袋に入れ密封し捨てる事。

 

ノロウイルスにはアルコールよりも塩素系消毒液の方がよく効きます。嘔吐物や下痢便の処理の時に着ていた服も、洗濯機に入れる前に薄めた漂白剤等を使って水洗いしましょう。

 

以上、簡単にですがノロウイルスに関する最低限の知識を書き出してみました。

 

感染力が抜群に高く、非常に厄介なウイルスです。介護職にとってノロウイルスの知識を持つ事は必須です。

 

自分の為、人の為、職場の為にもしっかり予防しましょう。

 

大事な所もう一度言います。ノロウイルスには、アルコールではなく塩素系消毒液(薄めた漂白剤)がよく効きます。

 

最後に

症状が重くなると、上からも下からも止まりません…その光景はまさに地獄絵図ですし、本人からしても地獄でしかありません。

 

しっかり予防して、健康に冬を過ごしましょうね。

  

おやすみなさい🚽

 

この記事が面白いと思ったら是非シェアお願いします。

 

Twitterのフォローも是非↓

にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 介護ブログ 介護保険へにほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ