介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護事業所を運営している介護福祉士が、介護業界と介護についての情報を独自の見解を交えながら発信するブログです。

介護福祉士やその他介護系資格の価値が上がるかもしれない件

f:id:hareoku:20171026213741p:plain{介護系資格がそろそろ熱い

 

こんばんは。ハレくんです。

 

今日は、介護系資格の価値が上がるかもしれない事について書いていこうと思います。

 

これからは専門性を高めた人材が優遇される

介護職って、基本的に昇給の幅が狭いじゃないですか。

年齢が上がると支出も増えると思うので、昇給しないという事は年々生活水準を下げていかなければいけないというあまりにも報われない事態になりかねません。

だから看護師の資格取得を目指したり全く別の資格勉強をして早めに介護業界から去ろうとする人が多いんですよね。

 

このままでは、優秀な人材が見切りをつけて介護業界からどんどん離れていってしまいます。

そうなると更に介護職の社会的地位も下がってしまいます。

 

しかし、国もようやくこの問題の解決に乗り出すようで、今後の介護職の処遇改善について、下のように発表しています。

 

経験・技能のある職員への重点化を図っていく。現場経験が長かったり、資格を取って専門性を高めた人材を優遇する。

 

凄く良い政策だと思いませんか。

 

これから介護職を目指す人にとっても、今介護職として働いている人にとってもデメリットを感じない内容のように思います。

 

今後介護職の処遇改善が進んでいくと、優秀な人とそうじゃない人との時間の価値に大きな差が生まれるかもしれません。

 

今後介護職の中でも、格差ができると予想しています。

 

時間で報酬単価が決まっている介護報酬のシステムは、優秀な人が報われないシステムでしたが、今後は優秀な人が評価されやすいシステムへ変わろうとしています。

 

もちろん資格の価値も上がってくると思います。

今は手当にならない資格も評価されて手当が付くようになるかもしれません。

 

注目の資格は介護福祉士

資格の中で最も注目なのが介護福祉士

国家資格にしては手当も安く、取得してもあまり恩恵の得られない資格と言われてきましたがこれからはどうでしょう。

 

今後高齢化が更に進み、このままだと介護の質を下げざるを得ない状況が待ち構えています。質の低下を少しでも食い止めるのが介護福祉士の役割ではないかと思うんです。専門性を発揮し、現場の指揮をとっていかなくてはなりません。

 

これからの時代に欠かせない資格である事は間違いありません。近い将来、適正な評価が得られようになるはずです。

 

最後に

人は、未来に希望が無いと頑張れない構造のように思います。明るい未来が待っていると確信していれば今が辛くても頑張れるものです。

 

僕も、未来の介護業界に期待を持っているのでこれからも介護職を続けていく予定です。

 

おやすみなさい。

 

この記事が面白いと思ったら是非シェアお願いします。


Twitterのフォローも是非↓

にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 介護ブログ 介護保険へにほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ