介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護事業所を運営している介護福祉士が、介護業界と介護についての情報を独自の見解を交えながら発信するブログです。

勤続10年以上の介護福祉士が月8万円賃上げされる事について

f:id:hareoku:20171026213741p:plain{0.1世紀

 

こんばんは。ハレくんです。

本格的に寒くなってきましたね。朝布団から中々出られないので仕事に向かうまでが一苦労です。10年くらい布団から出たくありません。

 

今日は、勤続年数が10年以上の介護福祉士が月8万円賃上げされるかもしれない事について書いていきたいと思います。

 

政策の内容

タイトルの通りなのですが、2019年10月から、勤続年数10年以上の介護福祉士を対象に、月額平均8万円を引き上げる。10年未満の介護福祉士やヘルパー等他の職員についての処遇改善についても検討中。といった政策。

 

介護福祉士などの、専門性を高めた人材を中心に処遇改善を進めるいう事は少し前から言われていましたが、そうきたかと。まさかの勤続年数10年です。 0.1世紀ですよ。

 

政策への突っ込み所

月8万円が引き上げとなれば他業界との賃金格差がほぼなくなります。金額にインパクトがあったこともあり、これまでに無い凄く良い政策なのではと始めは思いましたが、考えれば考えるほど、そうでも無い気がしてきました。

 

まず、10年は長すぎる

 

一つの事業所で10年間耐えてようやく他業界の給与水準に並ぶかどうかの条件では、新戦力となる人たちへのアピールにはならないでしょう。石の上にも10年は酷ですよね。それに、資格と経験を武器に事業所を変わりやすいという介護福祉士の特権が無くなってしまいます。

 

専門性を高めた人材を優遇すると言っているのに、だらだら10年同じ会社で過ごしただけの人も対象となってしまうあたりにも政策の不完全さを感じてしまいますし、そもそも勤続年数10年超えの介護福祉士ってめちゃめちゃ少ない気が…

 

ただ、勤続10年未満の介護福祉士やヘルパー等他の職員への処遇改善についても検討されているようなので、そのへんの内容がはっきりするまではなんとも言えませんね。

勤続10年以上の介護福祉士とそれ以外の職員への恩恵に開きがありすぎるとまた失敗策で終わると思いますが。

 

最後に

個人的には、月8万円収入が上がると言われても過酷な勤務状況で10年我慢しようとは思いません。資格を武器に、その時その時の自分の状況に合った事業所へ転職しやすいメリットの方を取ると思います。

 

また、10年縛りができてしまうとブラック化してしまう介護事業所が増えないかも心配な点です。既にブラックな所はどうなってしまうのでしょうか。松崎し〇るのような、暗黒物質のような黒さの経営になってしまうのでしょうか。心配です。

 

おやすみなさい。

 

この記事が面白いと思ったら是非シェアお願いします。


Twitterのフォローも是非↓