介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護事業所を運営している介護福祉士が、介護業界と介護についての情報を独自の見解を交えながら発信するブログです。

介護福祉士の平均年収が低すぎる!手っ取り早く収入を大幅に増やす方法は?

f:id:hareoku:20171026213741p:plain{介護報酬上がって当然

 

こんばんは。ハレくんです。

 

この所朝寒くて朝布団から出たくない。仕事に行きたくない。という方多いんではないでしょうか。僕も同じです。

 

しかし休みたくてもそう簡単には休めないのが仕事。

どうせやるなら楽しく大きく稼ぎたいものですね。

  

今日は、医療・介護系の資格別平均年収を見て感じた事や介護福祉士として収入をアップさせる方法などを書いていきたいと思います。

 

医療・介護系資格別平均年収一覧

医師…約1100万円

薬剤師…約530万円

看護師…約480万円

理学療法士…約400万円

作業療法士…約400万円

ケアマネ…約370万円

栄養士…約340万円

介護福祉士・ヘルパー…約310万円

 

あまりにも低い介護福祉士の平均年収

皆さん上の平均年収一覧を見てどう思われたでしょうか。医者の年収の別格さに注目されたでしょうか。

 

もう一点注目してほしいのですが、一番下、介護福祉士・ヘルパーの所。

 

現場の介護士の年収がとにかく低い。ケアマネと比べ約60万・看護師とは170万円もの開きがあります

 

まぁ開きすぎですよね。

 

2019年から勤続年数10年以上の介護福祉士に月8万円の処遇改善がされる話題ですが(実質無理な条件を付けてくる可能性あり)、今の平均年収の低さを見ても仕事内容的に考えても別に驚く事ではないんですよね。むしろ勤続10年以上の介護福祉士だけというのに不満を抱いています。

 

介護福祉士として収入を増やす方法

介護福祉士として手っ取り早く大幅に収入をアップさせる方法は、同じ事業所に10年勤続する事…でも良いんですが、正直10年は長い。そして過酷な状況で10年も我慢できない。それに月8万プラスされてようやく他産業の平均年収に並ぶ程度です。

 

もっと効率の良い収入アップの方法があります。訪問介護事業で独立する事です。

 

何故訪問介護なのかと言うと、シンプルに独立しやすいからです。

 

例えば…おむつ交換、清拭、食事介助、の支援に入ったとしましょう。

50分間かかるとして、約4000円の収入があります。自分の会社なので、ピンハネはされません。

 

上の50分間の支援に1日6件入れば1日で約24000円。月に22日間稼働すれば自分が働いた分だけで約530000円稼げます。雇用している職員が働いた分の幾らかも経営者の取り分になりますので、この方法の方が夢があると言えます。

 

最後に

手っ取り早く稼ぐ方法なんて書き方をしましたが、上で書いたようにそう簡単に上手くはいきません。

大きなリスクを背負う事にもなりますし、精神的にも会社勤めの方が楽ですので正直おススメできません。ここまで言っておいてなんですが…

 

独立するなら計画的に!

 

おやすみなさい。

 

この記事が面白いと思ったら是非シェアお願いします。


Twitterのフォローも是非↓

 

にほんブログ村 介護ブログへにほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護事業へにほんブログ村 介護ブログ 福祉・介護情報へ