介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護事業所を運営している介護福祉士が、介護業界と介護について独自の見解を交えながら、スベる事を恐れずに勢いで書いていくブログです。

ハレくんが今注目している介護系資格について語ります

f:id:hareoku:20180722182841p:plain

 

f:id:hareoku:20180608220904p:plain{一級ムズイ

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

おかげさまで、このブログも記事数がこの記事で111件になりました。PV数も累計約40万PV。1記事あたりの平均PV数にすると3500PVなので、見てもらえるブログになってきたなと実感しています。これからも綺麗な心でブログの運営を続けていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

さて今日は、僕が今注目している介護系資格について語りたいと思います。

 

(スポンサーリンク)

 

 

注目の資格とは?

僕が今注目している資格は、福祉住環境コーディネーターです。

 

どんな資格なのか簡単に説明しますと、高齢者や障がい者が安全に暮らせる住まいを提案するアドバイザー的な資格です。利用者さんが生活するにあたり、自分が勤めている施設に危険な場所は無いか(手すりを付けるべき場所)等、事故を未然に防ぐ役割りとしても貢献できます。

 

今はまだ注目度の高い資格とは言えませんが、これからニーズはどんどん高くなるだろうと予想しています。有資格者に高い手当を支給する介護事業所が出現する可能性も十分あります。

 

なぜニーズが高まるのか

介護職員の方は皆知っている事ですが、現状、基本施設に空きがありません。数百人待ちなんて事も結構あります。つまり、施設入所希望の方が自宅で生活せざるを得ない状況にあり、その状況は今後益々拡大するという事です。施設入所を希望している方にとって自宅での生活は言うまでもなく困難です。殆どの方がかなりの築年数であろう家に住んでいると思いますが、昔ながらの家は段差が多く階段も急で、要介護状態にある方にとって住みにくい家なのです。

 

なので、住宅改修なりリフォームなりスロープを設置するなり、何かしら手を加えなくてはならなくなります。そこで活躍するのが福祉住環境コーディネーターですよ。『劇的ビフォーアフター』のあの音楽をかけながら利用者のお宅に突撃アドバイスです。専門的なアドバイスを出し、住宅改修を終え住みやすいお宅に変身したら、ビフォーアフター比較をしながら、「なんという事でしょう。以前は座ってお尻で降りていた階段がエレベーターになっているではありませんか」みたいなナレーションを入れたところで仕事終了です。

 

取得難易度・受験資格

福祉住環境コーディネーター3級 合格率63%前後 受験資格 無

福祉住環境コーディネーター2級 合格率40%前後(バラつきあり) 受験資格 無

福祉住環境コーディネーター1級 合格率6%前後 受験資格 2級合格者のみ

 

一級は別格ですが、福祉系資格にしては珍しく受験資格が無くチャレンジし易いと言えます。

 

最後に

利用者の立場に立って考えてもらいたいのですが、住環境的なアドバイスを受けるなら、この資格を持っていない人より持っている人にお願いしたいですよね。ヘルパーとしてやってくる介護職員の方がこの資格を持っているなんて場合も利用者的には嬉しい。激しく必要とされる資格です。

 

…ビフォーアフターやりたいから取ろうかな。

 

おやすみなさい。

 

記事をシェア、はてブしてもらえると喜びます。下にあるプロフィールの所に、読者登録ボタン・Twitterのフォローボタンがありますので、読者登録、Twitterフォロー是非お願いします。