介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護事業所を運営している介護福祉士が、介護業界と介護についての情報を独自の見解を交えながら発信するブログです。

【イケメン介護士】介護事業所の人間関係を良くする為の絶対条件を公開します

f:id:hareoku:20181003213110p:plain

 

f:id:hareoku:20180608220904p:plain{ワーファリン

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

女の人が大半の職場は基本的に人間関係が悪いと言われますよね。介護事業所なんか特に。女の人は男より構造が複雑なので男には理解できない思いが色々あるんだと思いますが、ねるねるねるねかってくらい人間関係を混ぜたり、イジメのような事を行う人も多くいるようです。

 

そういう人って、自分が性格悪いって自覚ちゃんとありますからね。悪気をしっかり持ち合わせた状態で性格ブスやってます。しかしそんな性格ブスでも、事業所にちょっとしたスパイスを加えるだけでかなりマシな人間になるんです。

 

今日は、介護事業所の人間関係を良くする裏技について書いていきたいと思います。

 

(スポンサーリンク)

 

 

人間関係が良い介護事業所の絶対条件とは

結論から言います。人間関係の良い介護事業所とは、イケメン介護士が多い介護事業所です!

 

このツイートを見てください。

 

 

かなり多くの介護士さんから反応ありました。イケメン介護士が多いと介護事業所の人間関係が良くなるのはガチです。なぜそうなるのか…深く掘り下げていくと生物学的な話に発展してしまうので簡単に説明させてもらいます。

 

なぜイケメン介護士がいる介護事業所の人間関係は良いのか

イケメン介護職員が多いとなぜ事業所の人間関係はよくなるのか…理由は至ってシンプルです。性格の悪い女が性格が悪い事を隠すようになるからです。イケメンに嫌われたくないと思うのは女性として当たり前の事ですよね。

 

本来新人イジメをするようなタイプの人間も、イケメン介護職員の目を気にする事でそういった本性が出せなくなるという事です。イケメンは介護事業所のワーファリンです。人間関係をサラサラにしてくれる必要不可欠な存在です。

 

という事で、介護職員の離職が多い事に悩んでいる全国の介護事業所の経営者の皆さん、イケメンの介護職員を2人くらい雇用してみて下さい。多分離職者減ります。

 

最後に

ここまで述べた通り、イケメンの力というのは凄まじい。凄まじいのですが…イケメンの力を持ってしてもどうにもならない相手もいます…それは…女を捨てた女です…。

 

イケメンにすらどう思われても良い。そんなポテンシャルを持った女性にだけは注意して下さい。

 

え?お前はどうなんだ?僕がイケメンかどうかですか?それは自分じゃ判断できないので、すぐ下に僕の顔の写真を貼りますのでこの記事を見ている方に判断してもらえればと思います。

 

f:id:hareoku:20180608220904p:plain

 

中の上くらいでしょうか?

 

おやすみなさい。

 

介護に関する事等、Twitterでは毎日発信しています。下にあるプロフィールの所にフォローボタンがありますので是非フォローお願いします。