介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護事業所を運営している介護福祉士が、介護業界と介護についての情報を独自の見解を交えながら発信するブログです。

【介護事業所】サービス残業の強要はもはやゆっくりとした他殺

f:id:hareoku:20181004220741p:plain

 

f:id:hareoku:20171026213741p:plain{反町降臨

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

人のって、言い換えれば時間じゃないですか。人の時間をタダで奪おうとする行為、サービス残業の強要って相当タチの悪いものだと僕は思っています。

 

このブログですが、できるだけ短時間で読んでもらう為にあまり画像を入れなかったり、ただ引き伸ばした薄い内容をタラタラ書かないように意識しています。

 

SEO的には記事に対して滞在時間が長い方が評価されるんですけど、極力時間を奪わないように構成しています。伝えたい事がしっかり伝われば良いわけですし、せっかく来てくれた方に無駄な時間を提供するなんて重罪ですからね。

 

今日は、サービス残業の強要はもはやゆっくりとした他殺という内容で書いていきたいと思います。

 

(スポンサーリンク)

 

 

無くならないサビ残の半強要

SNSなんか見てると分かるんですが、サービス残業を半強要されている介護職員の方非常に多いです。『福祉精神』なんて訳の分からない言葉がありますが、サビ残する人が高く評価されるこの業界の風習をぶち壊したいですね

 

介護の仕事ってサビ残を半強要された時非常に断りにくいんですよ。だって断って困るのは利用者だから。利用者さんが困るの分かっていて中々帰れないじゃないですか。

 

なので泣く泣くサビ残するハメになるというカラクリです。人相手の仕事なので定時になった瞬間オサラバするのは難しいっちゃ難しいんですけど…。

 

だからといって30分も1時間も残って仕事している介護士に残業代払わないなんて、そんなタチ悪い事したらあきまへん。今時そんな事ウシジマくんでもしませんよ。

 

何の対価も払わずに時間だけ奪ってやろうなんて卑しすぎる。他人の命を無駄使いするなと言いたい。サビ残の強要はゆっくりとした他殺です。そもそもバリバリの違法行為ですしね。

 

サビ残のある環境を当たり前にしてはいけない

毎回のようにサビ残してる介護士の方に言いたいんですけど、それは決して当たり前ではないですからね。

 

『これが普通』『皆同じ』なんて言葉は概念から追放して下さい。そんな感覚ではいつまで経っても何も変わらないからです。

 

 

このツイートの通りですが、言うべき事何も言えないままじゃ介護業界も自分も豊かにはなりませんよ。「残業代出せボケ」くらいの事は言っても良いと思います。

 

世の中の介護士がサビ残してる時間、それって本来介護報酬が発生すべき時間なので、サビ残文化が残るほど介護報酬も上がりにくくなります。言いたい事も言えないこんな介護業界じゃ…ダメですよ。(ポイズンって言うと思った人手あげて)

 

最後に

最後反町さん降臨させようと思ったんですけど、もっと要所で出す事にしました。

 

今日の内容をまとめると、サビ残の強要は違法―介護職員が対価を求める事は正義。こうなります。

 

利用者様と過ごす業務外の時間…プライスレス…こんな事言うてる場合違いますよ。

 

おやすみなさい。

 

介護に関する事等、Twitterでは毎日発信しています。下にあるプロフィールの所にフォローボタンがありますので是非フォローお願いします。