介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護事業所を運営している介護福祉士が、介護業界と介護についての情報を独自の見解を交えながら発信するブログです。

【介護士】12月の介護業界が転職祭りな件

f:id:hareoku:20181117214901p:plain

 

f:id:hareoku:20180608220904p:plain{一向一揆

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

今年も残すところあとわずかとなりましたね。皆さんはこれまでを振り返ってみてどうですか?僕はまぁ悔いなく過ごせたかなって感じです。

 

このブログも、開設約1年で月間10万PVを超えるほどに成長しましたが、来年は年間300万PVを目指していこうと思いますので応援なにとぞよろしくお願いいたします。(選挙か)

 

今日は、来月(12月)の介護業界が転職祭りな件と題して記事を書いていこうと思います。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

毎年12月は転職際り

とりあえずこのアンケート結果を見て下さい↓

 

 

なんとなんと、12月に転職を予定している介護士さんが全体の37%(408人中約151人)もいらっしゃいました。一向一揆の如く、12月に一斉に介護士達の転職活動が始まります。

 

そりゃどうせ辞めるならボーナス貰ってからが良いですよね。にしても37%って凄まじい。専門職の強みが数字に表れましたね。転職しやすいというのは、資格と経験がものを言う介護士の強みです。

 

転職した人の数が増えるほどブラック事業所が追いやられ、ホワイト事業所が豊かになっていき、介護業界が良くなっていくはずです。そこそこ軽い気持ちで辞めちゃいましょう。

 

求人情報を常にチェックしてますか?

転職失敗確率を下げる取り組みとして、求人情報を常にチェックしておく必要があります

 

いつ見ても求人を出している介護事業所が外れである可能性が高いというのは説明しなくても分かってもらえると思いますが、裏を返せば、滅多に見ない珍しい求人は当たりである可能性が高いという事です。

 

どの求人が当たりである可能性が高いかは、常に求人情報をチェックしていなければ分かりません。週に1回は、介護事業所の求人情報をチェックしておく事をオススメします。

 

最後に

アンケート結果から、 『こんな所ボーナス貰ったら辞めてやる!』という、大地が震えるほどの怒り(介護士さん達の)もひしひしと伝わってきました。

 

でも、時には怒りの感情って大事ですよね。怒るのが苦手で優しい人が病んじゃう傾向にありますから…。

 

そんな方は怒る練習をしましょう。鏡に向かって「クリリンの事か―――――!」と3回大きな声で叫ぶのを習慣化しましょう。おそらく近隣住民から苦情がきます。

 

おやすみなさい。

 

介護に関する事等、Twitterでは毎日発信しています。下にあるプロフィールの所にフォローボタンがありますので是非フォローお願いします。

 

プロフィール上のハレくんオススメ!の所にあるリンク先では、僕がオススメする介護士専門の転職サポートサイトや資格取得サポートサイト等を紹介しています。