介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護事業所を運営している介護福祉士が、介護業界と介護についての情報を独自の見解を交えながら発信するブログです。

【賃上げ】来年の介護士の処遇改善についてだらだら語ります

f:id:hareoku:20181128222715p:plain

 

f:id:hareoku:20180608220904p:plain{80万PV 

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

おかげさまで、このブログももうすぐ総アクセス数が80万PVを迎えます。開設して1年くらいなので相当なペースで成長していると思います。精神と時の部屋です。

 

最初は一日200PV程度でしたが、今では数十倍。界王拳です。

 

今後も頑張って更新続けていきますので引き続き当ブログをよろしくお願いいたします!

 

今日は、来年の処遇改善についてだらだら語っていきたいと思います。だらだらな理由は、まだ不透明な事が多くそんなに大した事が書けないからです←

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

勤続10年ではなく業界10年に

来年10月から、同一事業所に勤続10年の介護福祉士の賃金を月8万円アップさせる予定でしたが、業界10年の介護福祉士も対象になるとの事です。

 

良い。

 

どう考えても良い方向に事が進みましたよね。対象が拡大するので、8万の所が6万とかになる場合があるかもしれませんが…。

 

業界10年になったメリットとしては、職場に縛り付けられないのでお金の事に関してさほど深く悩まずに転職できます。勤続10年になると、ブラック介護事業所が増えそうな気がしていました

 

月収8万も下がっちゃうとそう簡単に転職できないと思うので、ブラックな職場に居ざるを得なくなってしまいます。恐ろしい事ですよこれは。

 

恩恵が受けられるかどうかは事業者の判断

ちょっと不安なのが、賃上げ恩恵が受けられるかどうかは事業者が判断可能という所。

 

事業者が、『スキルの高い介護士』と判断した場合に恩恵を受けられるようなのですが、それだと経営者の好き嫌いが判断材料になっちゃわないの?とか色々不安になりますよね。

 

そこはきっちり条件を定めて欲しいとも思うんですけど、そのへんの采配に成功した事業者に沢山優秀な介護士が流れていきそうで面白そうでもあります。

 

あまり適当な事は書けないので、今回は薄い内容になってしまいましたが、何か動きがあればすぐにまとめて記事にしますね。

 

細かい事がまだ全然分からないのでなんとも言えませんが、ひとつだけ言いたい事があります。

 

ケアマネも賃上げして下さい。

 

収入を上げる為に努力してケアマネ資格を取得した人も沢山いるでしょう。その人達の収入は上がらないなんてそんな報われない話ないですよね。

 

僕はケアマネではありませんが、処遇改善手当については相談員やケアマネさん達の収入にも反映させるべきだと思います。

 

最後に

最後に皆さんに告知があります。わたくしハレくん、この度映画監督を務めさせて頂く事になりました。詳細はこちらのツイートをご覧ください。

 

 

(映画監督やりてぇ…)

 

おやすみなさい。

 

介護に関する事等、Twitterでは毎日発信しています。下にあるプロフィールの所にフォローボタンがありますので是非フォローお願いします。

 

プロフィール上のハレくんオススメ!の所にあるリンク先では、僕がオススメする介護士専門の転職サポートサイトや資格取得サポートサイト等を紹介しています。