介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護事業所を運営している介護福祉士が、介護業界と介護について独自の見解を交えながら、スベる事を恐れずに勢いで書いていくブログです。

【介護士】転職サポートサイトを利用する方は必ず見て下さい

f:id:hareoku:20190202225201p:plain

 

f:id:hareoku:20180608220904p:plain{うっとうしい

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

ブログを書き始めると眠くなるのはなぜなんでしょうか。感覚的には、学生の頃に授業が始まると眠くなるあれに近い。ヤバイ。ブログが書けなくなるかもしれない(割とガチで深刻)。とにかく早くねんねんころりしたいので音速で書いていきます。

 

転職サイトを利用して職場を探す介護士さん多いと思います(切り替えた)。これ何度か言ってるんですけど、交渉力に自信があって、自分のペースでゆっくり職場を探したいという方は、ハロワ等を利用してご自分で職場を探す方が良いと思います。プロの交渉力を借りたい方は素直に転職サイトを利用すべきです。

 

今日は、介護士が転職(求人)サイトを利用する際の注意点等を書いていきたいと思います。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

転職サイトを最大限活用する為に

介護士が転職サイトを利用する際に注意すべき事はいくつかありますが、強烈に注意すべき事は1つす。

 

今日の記事ではあえて全ては語らず、その強烈に注意すべき1つの事だけを書いていきます。絶対に覚えておいて欲しい事だからです。

 

転職サイトを利用する際強烈に注意すべき事とは…

 

希望条件をうっとうしいほど細かく伝える事

 

です。これは絶対に守って下さい。アドバイザーに希望条件をしっかり細かく伝える事で、転職成功確率を大幅に引き上げられると思います。

 

「グループホームで、基本給は20万円以上、年間休日数は最低100日、サービス残業の無い所…等々」こんな風に、とにかく細かく伝えて下さい。

 

「そこそこ給料が良くて、休日もできれば多い方が…」のようなアバウトな伝え方をするとアドバイザーの方は、この方特に希望も無いみたいだし、あの施設紹介しとけば良いかな。ってなります。

 

希望条件を細かく伝えた方と比べると、アドバイザーさんの仕事本気度が下がってしまうんです。当然ですけどね。良い求人は事細かく希望条件を伝える方がさらっていきます

 

少し面倒な利用者と思われるかもしれませんが、場合によっては何十年も働く職場を決めるのですから、利用する側もシビアになって当然です。遠慮は禁物です。

 

最後に

当ブログでもいくつか介護士専門の転職サイトを紹介しているので、転職を考えている方はご覧になってみて下さい。色々調べて、良いと思った所を紹介しています。

 

何度も言ってる事ですが、転職サイトを利用したからといって100%転職に成功するとは限りません。ですが、成功する確率は引き上がるはずです。

 

これまで紹介した転職サイトをまとめた記事のリンク貼っておきます↓↓

www.kaigo-harekun.com

 

 

希望を細かく伝えるという事なので、小栗旬になれる仕事を希望するのもありかも(なし)

 

おやすみなさい。

 

プロフィール上のハレくんオススメ!の所にあるリンク先では、僕がオススメする介護士専門の転職サポートサイトや資格取得サポートサイト等を紹介しています。

 

介護に関する事等、Twitterでは毎日発信しています。下にあるプロフィールの所にフォローボタンがありますので是非フォローお願いします。