介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護福祉士のハレくんです。おかげさまで、当ブログ訪問者数42万人、PV数は230万PVを突破しました。

【介護士】介護の仕事が嫌いなのは勘違いの可能性があります

f:id:hareoku:20191014201857p:image


f:id:hareoku:20191014201851p:image{考えてみて

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

今日は、介護の仕事を辞めたい介護士さんに向けて、その気持ちは勘違いかもしれませんよという話をしていきたいと思います。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

物事の本質を見極めよう

朝Twitterを開くと、『仕事に行きたくない』『憂鬱』『仕事辞めたい』というツイートが溢れていて、惰性で仕事をこなしている人があまりにも多いんですよね。

 

そんな気持ちで過ごしていると、『介護士を辞めたい』という結論に辿り着くと思うんですけど、辞める前に、自分は本当に介護士を辞めたいのかどうか一度深く考えてみるべきだと思います。

 

『介護の仕事が嫌』という気持ちが、勘違いなパターンがよくあるからです。なぜ仕事が嫌なのかを深く掘り下げて考えてみると、実は意外な所に原因があったりします。

 

『満員電車に乗るのが嫌』『職場の上司が嫌』『職場の同僚が嫌』『職場の労働環境が嫌』みたいな理由で仕事が嫌になっているのに、介護の仕事自体が嫌という勘違いをしている人が本当に多いです。こんな場合は、職場を変えると解決します。考え方を変えても解決します。

 

介護の仕事自体はストレス無く続けられるのに、他の事が要因となって、介護の仕事自体が嫌いだと勘違いして、介護士を辞めてしまうのはさすがにもったいないと思うんですよね。

 

悩みを漠然と捉えていると、悩みの本質が見極められません。突き詰めて考えてみると、『あ、仕事が嫌なんじゃなくて人間関係が嫌なんだ』みたいな事が分かったりします。

 

それが分かると当然行動も変わってきますよね。自分のマインドを変えるか、職場を変えるか、職種を変えるか、ニートになるか、悩みの本質を見抜いていないと正解の選択が選べません。

 

悩みは誰かに相談するべき

仕事でも恋愛でも何でも、悩みができたときは誰かに相談すべきです。自分の事って、自分より周りの人の方がよく分かっていたりします。自分を客観視するのって難しいですからね。主観的に見た自分と客観的に見た自分はもはや別の人なので、客観的な意見を取り入れながら物事を考えるのは大切な事です。

 

『介護士辞めたい』と思っている方は、周りにいる人に相談しながら、一度その気持ちを深く掘り下げて考えてみて下さい。介護士を辞めたい訳じゃないかもしれません。

 

最後に

最後にこのツイートを見てもらいたいんですけど、

 

 

頑張ろうとしても頑張れない環境(合わない環境)ってあるんですよね。そんな環境で無理に頑張っていると、心の疲弊がどんどん進んでいきます。

 

環境を変える事で、また介護士としてのモチベーションが上がる事もあると思うので、朝仕事に行くのが億劫な方は一度よく考えてみて下さいね。

 

パワハラとか新人いびりとかよく聞きますけど、あれは最低ですからね。先輩にキツくあたられた新人介護士は、その先輩のせいで、介護の仕事が嫌いになったと錯覚して、介護業界から去っていきますからね。やめてあげて下さい。

 

長く勤めているだけで偉いなんて勘違いしている人も沢山います。介護士1年生でも、周りの5倍濃い仕事をすれば、5年介護士やってる人と同等です。新人さんは、勤続年数が長いだけで偉そうな先輩が、偉そうに右から言ってきた事を左に受け流す術を早めに身につけて下さいね。

 

おやすみなさい。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメの記事です↓】

www.kaigo-harekun.com

 

カテゴリーの上部に、僕がオススメする介護士専門の転職サポート(求人)サイトや、資格取得サポートサイトの紹介ページがありますので、退職・転職を考えている方や、何か資格を取得しようと考えている方は是非ご覧ください。

 

介護に関する事等、Twitterでは毎日発信しています。下にあるプロフィールの所にフォローボタンがありますので是非フォローお願いします。記事更新のお知らせ等が届く僕のLINE@もプロフィール欄にありますので、よければ友達追加よろしくお願いします。