介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護福祉士のハレくんです。おかげさまで、当ブログ訪問者数42万人、PV数は230万PVを突破しました。

【仕事でミスして凹んだ時】木村拓哉さんの名言を介護士の皆さんにシェアしたい

f:id:hareoku:20191104214258p:image


f:id:hareoku:20191104214236p:image{キムチ

 

こんばんは。介護業界のキムタク(キムチをたくさん食べるの略)こと、介護福祉士のハレくんです。

 

今日は、SMAPの木村拓哉さんの言葉を介護士の皆さんにシェアしたいと思います。仕事でミスをして凹んでいる時に染みる名言です。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

木村拓哉の名言

YouTubeを見ていてたまたま辿り着いたついた動画の中で、木村拓哉さんがこんな事を言っていました。

 

経験を重ねると、仕事に対してプライドや自信が持てるようになる。ミスをした時に凹むのは、そのプライドや自信があるから。そんなプライドや自信の上で起こるミスは、凄く大きな経験値になって、更に自分を成長させてくれる。だからミスして悔しい時は、涙を堪えなくて良い。涙を流してスッキリして下さい。

 

ちょ…ちょ待てよと思いましたね。口から出る言葉までイケメンなんですかと。『キムチ食うとる場合ちゃうぞ自分』と、気が引き締まりました。

 

介護士の場合、人の命を預かる仕事なので、やっちゃいけないミスもあります。そんな大きなミスではなくとも、仕事中のミスって大きく凹んでしまいますよね。

 

木村拓哉大先生は、仕事でミスをして凹むのは、これまでの経験があるからだと言っています。これまで一生懸命頑張ってきた証拠だと。また、これまで積み重ねてきた上にあるミスなので、そのミスは更に自分を成長させてくれるとも言っています。だから、凹んだ時は泣いて早めに消化したって良いんだよと。でも凹んだからって、公園で脱いじゃダメだよと。(これは言ってなかった)

 

深いですよね。この名言から、頑張っていない人はそもそも凹んだりしないというメッセージを読み取ったのですが、本当にそうかもしれません。何かミスをしても、反省する事もなくヘラヘラして平気な人って時々いますよね。言われてみるとそういう人って、日頃から真剣に仕事に取り組んでいないように思います。

 

ミスをして凹んでいる時に、上司から「ミスをして凹むのは、これまで一生懸命頑張ってきた証拠だよ」なんて言われたらどうです?もっと頑張ろう!って思えますし、上司の事すきぴになりますよね。

 

人格否定!ダメ!絶対!

これは先日の僕のツイートなのですが↓

 

 

人のミスに対して、頭ごなしにただ怒りをぶつけるような怒り方をしても、逆効果だとしか思えないんですよね。頑張ろうなんて思えないと思うし、凹みの窪みが深くなるだけですよね。当然厳しく接する事も時には必要だと思いますが、人格否定はちょっと違いますよね。

 

今日紹介した木村拓哉さんの名言は、部下を持つ全ての人に聞いてもらいたい名言だと思いました。

 

最後に

今日は、介護士の皆さんに、ただただこの木村拓哉先輩の名言をシェアしたかっただけです。ストイックでありながら優しさを感じる言葉ですよね。本当に深い人なんだろうなと思いました。

 

そんな深い事が言えるようになる為には、経験を積んでいく以外に無いと思うので、毎日成長を意識して、経験を積んで、最終的にはキムタクになりたいですよね。僕も頑張ります。

 

おやすみなさい。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメの記事です↓】

www.kaigo-harekun.com

 

カテゴリーの上部に、僕がオススメする介護士専門の転職サポート(求人)サイトや、資格取得サポートサイトの紹介ページがありますので、退職・転職を考えている方や、何か資格を取得しようと考えている方は是非ご覧ください。

 

介護に関する事等、Twitterでは毎日発信しています。下にあるプロフィールの所にフォローボタンがありますので是非フォローお願いします。記事更新のお知らせ等が届く僕のLINE@もプロフィール欄にありますので、よければ友達追加よろしくお願いします。