介護職員の戦闘力が上がるブログ

おかげさまで、当ブログ訪問者数42万人、260万PVを突破しました。

【介護士】介護施設がコロナの影響で運営できなくなるとどうなるか【最悪のパターン】

f:id:hareoku:20200320215355p:image


f:id:hareoku:20200320215341p:image{コロナうざい

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

コロナウイルスの感染者数、まだまだ増え続けてますけど、皆さんの周りは大丈夫ですか?勤めている介護施設・事業所は大丈夫ですか?

 

今日は、もし介護施設の中でコロナの感染が広まってしまったら、利用者やご家族、働いている介護士達はどうなってしまうのかという事について、最悪のパターンを想定しながら書いていきたいと思います。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

コロナウイルスのリスクは場所や人によって変動する

介護施設を利用している人がどんな人かって、健康ではない高齢の人ですよね。その中でコロナ感染が広まってしまうと、最悪の事態になってしまう場所である事は間違いないと思います。

 

年齢や健康状態、場所によって、ウイルスによるリスクの大きさは変わりますからね。介護施設の場合、コロナリスクはMAXです。広まってしまうと、1番ヤバイ場所です。

 

感染してしまって暫く出勤できなくなる介護士さんや、その職場を退職してしまう介護士さんも沢山出てくると思います。感染してしまった利用者の対応の事も考えると、施設の運営ができなくなりますよね。

 

そんな感じで、介護施設内で感染が広まってしまうと相当ヤバイ事態になるので、面会を完全に禁止していたり、徹底して対策している施設が多いんですよね。

 

実質的に施設の運営が破綻してしまうと、そこの利用者の家族は仕事に行けなくなります。そんな事態が、そこら中の施設で巻き起こってしまうとどうなるんでしょうか。当然介護離職は増えるでしょうし、介護殺人も増えてしまうような気がしますよね。

 

感染が広まっていない地域へと、利用者さんに集団移動してらうなんて事もあり得るかもしれません。想像したらキリが無いくらい、とんでもない所まで影響が広がっていきそう…というのが、最悪なシナリオですよね。

 

コロナウイルスの危険性を半減させる方法

でも実際、そんな事には多分ならないと思います。コロナウイルスの危険性を半減させる方法があるからです。

 

その方法は、国が『コロナウイルスはそこまで恐ろしいウイルスではありません!』と、国民に対して呼びかけるだけです。すると、本当に危険性が半減するんです。不思議ですよね。

 

ウイルス自体は何も変化していないのに、特効薬ができた訳でもないのに、言葉一つで、皆の警戒レベルが半減するんです。

 

実際今は、インフルエンザよりもコロナの方が怖いと思っている人の方が圧倒的多数でしょうけど、インフルエンザと同等の危険性である事を、こじつけ気味にでも、専門家や国が発言する事で、コロナの危険性はインフルエンザと同等のものになるんです(笑)

 

そんな具合に、この事態は緩和されていくんじゃないかなというのが僕の予想です。ずっとこのままでは国が破綻してしまうので、コロナに対する国民の意識を変える作戦に出てくるんじゃないかなと思うんですよね。危険は危険だけど、そんなに恐れる必要は無いよみたいな。

 

でもどうなっても、危険なウイルスである事には間違い無いので、介護士などの、高齢者と関わる仕事をしている僕達は、このまま気を緩めずにやっていくのがベストだと思います。早く薬ができてほしいですよね。

 

最後に

何処も徹底的にコロナ対策やってますよね。いつまで続くんだろう?と、若干気が遠くなるような感じがしますよね。

 

これは先日の僕のツイートなんですけど↓

 

沈んだら上がるというのが、世の中の法則だと思うので、今の状況が落ち着いた後の事を考えて、前向きに頑張っていきましょう!

 

おやすみなさい。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメの記事です↓】

www.kaigo-harekun.com

 

カテゴリー上部に、僕がオススメする介護士専門の転職サポート(求人)サイトや、資格取得サポートサイトの紹介ページがありますので、退職・転職を考えている方や、何か資格を取得しようと考えている方は是非ご覧ください。

 

TwitterLINE@、instagram、YouTube(遊んでます)
もやってます。下にあるプロフィールの所にリンクを貼っていますので、そちらの方も是非よろしくお願いします。