介護職員の戦闘力が上がるブログ

おかげさまで、当ブログ訪問者数42万人、270万PVを突破しました。

【嗅覚に焦点を当ててみる】介護サービスの利用者が不穏な状態になるのはドルガバの香水のせいかもしれない

f:id:hareoku:20200801190415j:image

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

今日の記事タイトルを見て、『意味が分からない』『ふざけてるのか』『滑ってるぞ』『シネッ!』と思われた方にまず言いたいのですが、ふざけてません。結構真面目な内容でお送りします。

 

瑛人さんという方が歌っている、【香水】という、今バズり続けている曲があります。中毒性のあるとても良い曲で、YouTubeで7000万回くらい再生されています。その内6000万回は僕が再生しているので、実質は1000万回ですね。

 

僕は今回、最先端技術を使って、香水の歌詞を介護士視点で分析してみました。その結果、この曲には、利用者への対応のヒントが隠されていました。

 

香水のYouTubeリンク↓

https://youtu.be/9MjAJSoaoSo

 

(スポンサーリンク)

 

 

 

ここで、この曲の1番の歌詞をご覧下さい。

 

夜中にいきなりさ いつ空いてるのってLINE
君とはもう3年くらい会ってないのにどうしたの?
あの頃 僕達はさ なんでもできる気がしてた
2人で海に行っては たくさん写真撮ったね

でも見てよ今の僕を
クズになった僕を
人を傷つけてまた泣かせても
何も感じ取れなくてさ

別に君を求めてないけど 横にいられると思い出す
君のドルチェ&ガッバーナの その香水のせいだよ

 

見ての通り、心を失いかけている男性が、元カノと再会して、当時元カノが付けていたドルガバの香水の匂いを嗅いで、純粋だった当時の心を取り戻しかけているといった内容の歌詞になっています。

 

もし、再会した元カノがブルガリの香水を付けてきた場合、この男性の心にこのような変化があっただろうかと考えてみると、おそらく無かっただろうと推測できます。

 

なぜならこの時、歌詞中の男性には、ドルガバの香水の匂いによって、プルースト効果という心理現象が起こっていたからです!

 

という事で本日、介護士の皆様に伝えたい事は、嗅覚に焦点を当て、プルースト効果を考慮して介護を考えてみると、新しい介護の可能性を感じるという事についてです。

 

嗅覚に焦点を当てた新しい介護の可能性

以前一度このブログでも紹介した事があるのですが、プルースト効果とは、匂いによって、昔の記憶や感情が蘇る現象の事です。

 

ここで僕が言いたいのは、何かの匂いが利用者さんを不穏にさせる原因の1つになるという事です。

 

嗅覚は脳の大脳辺縁系と直接結びついているそうで、大脳辺縁系とは、喜怒哀楽などの感情を司る機能を持っているそうです。

 

つまり人は、嗅覚で察知した匂いが原因で、明るい気持ちにも暗い気持ちにもなるし、過去の記憶や、過去の感情が蘇ったりするという訳です。

 

プルースト効果を考えると、何かの匂いが利用者さんを不穏にさせる原因の1つである事は間違いありませんよね。本当に、介護士が付けているドルガバの香水のせいで、利用者さんが不穏になっているかもしれません。

 

利用者さんが不穏になってしまう場面て色々ありますけど、最も不穏になってしまう確率が高い時って、施設に入所した日ではないでしょうか。

 

施設に入所したその日から、生活環境がガラっと変わってしまう訳ですから、不穏になってしまうのも無理はありませんよね。夜に布団の中で、『自分はなぜここに居るんだろう』と、不安でいっぱいになってしまうと思います。

 

この時に、嗅覚を通して嫌な記憶が刻まれるのではないかと僕は考察しました。施設の匂いが、施設入所した日の不安を思い出させて、プルースト効果の現象を引き起こし、不穏になってしまう場合があるんじゃないかと。(どうですかこの力技の考察)

 

可能性としては十分あるので、嗅覚に焦点を当てたケアを研究してみても良いんじゃないかなと思うんですよね。

 

例えばですけど、居室が個室の場合、施設入所してから暫くは、布団と枕を自宅で使っていた物にすると、その日の不穏度合いが低くなるかもしれませんし、今後不穏になる回数も減る可能性があります。(疲れてきた)

 

入浴拒否なんかも同じ原理で、シャンプーとボディーソープを利用者さんごとに分けて、利用者さんが家でずっと使っていたものにすると、入浴拒否が徐々に和らいでいく可能性もありますよね。(本当に疲れてきた)

 

とまぁこんな感じです。(脳の疲労により強制終了)

 

という事でまとめると、何かの匂いによって、プルースト効果の現象が起こり、利用者さんが不穏になってしまう場合があるのではないか。

 

嗅覚に焦点を当てた介護を研究、実戦する価値は非常に高いと思います。利用者さんが不穏になるのは、本当にドルガバの香水のせいかもしれません。といった感じの内容でした。

 

最後に

今回実際に、現場の介護士さんに、『利用者さんが不穏になってしまうのは、ドルガバの香水のせいだと思いますか?』というアンケートを取ってみました。

 

この内容をトコトン掘り下げて記事を書くと、文字数がとんでもない事になってしまうので、アンケートで過半数が、ドルガバのせいだと回答した場合は、面倒くさいので全部ドルガバのせい。という事で締めようと。そういう結論に至りました。

 

そのアンケート結果がコチラです↓

 

 

ドルガバのせいです。

 

おやすみなさい。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメ記事↓】

https://www.kaigo-harekun.com/entry/2019/01/09/223731


カテゴリー上部に、僕がオススメする介護士専門の転職サポート(求人)サイトや、資格取得サポートサイトの紹介ページがありますので、退職・転職を考えている方や、何か資格を取得しようと考えている方は是非ご覧ください。

 

Twitter公式LINE、instagram、YouTube(遊んでます)
もやってます。下にあるプロフィールの所にリンクを貼っていますので、そちらの方もよろしくお願いします。