介護職員の戦闘力が上がるブログ

おかげさまで、当ブログ訪問者数42万人、270万PVを突破しました。

【意外】働くのが楽な介護事業所の特徴【介護士】

f:id:hareoku:20201121210118j:image

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

仕事って、楽な方が良いじゃないですか(真顔)

 

楽というのは、身体的に楽とかそういう意味じゃなくて、余計なストレスを受けずに、心に余裕を持って前向きに働けたら良いなという意味です。

 

今日は、こんな介護事業所に勤められると、介護士さんは意外と楽に働けますよという内容で書いていきたいと思います。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

ユルいはダルい

楽と聞けば一見、仕事環境がユルユルの事業所を想像すると思うんですが、ユルいはダルいです。

 

やる事だけやって、勤務終了時間までダラダラ過ごせるような職場って、楽なように思えて、最もシンドイ職場です。体感的な時間の経過速度も通常の7000倍くらいあります。

 

ただ仕事が終わるのを待つだけの、時間をドブに捨てるような働き方って、人間のストレスが最も解消される瞬間は新しい知識を取り入れた時と言われている事を考えると、人体構造に適してない働き方という事になりますよね。スイカに味ぽんかけるくらい適していません。

 

露骨に楽な職場って、とにかくダルいんです。しかも、仕事が楽な分、人間関係とかの方に意識が強く向いてしまって、悩みが深くなりやすい傾向があります

 

つまり、ちょっと大変だけど、学びのある職場の方が実質的に楽に働けるんです。人体構造的に言えば。

 

難しい仕事をたまに任されるとか、変わった取り組みをしているとか、尊敬できる上司がいるとか、経営者がカリスマとか、職場にハレくんがいるとか、そういう職場で働く方が、実は意外と楽なんです。(途中イキッた)

 

なので、次の転職先として考えている職場のホームページやSNS等を見て、その職場がどんな取り組みをしているのかという事や、どんな実績があるのか、どんな特色があるのかという事は、調べられる範囲で調べておく事をオススメします

 

おっ、この職場は学べそうだ!と思えたら、ラッキーです。

 

人体構造的に背く事には依存性がある

ここからが大事な話なんですけど、一度ユルユルの職場に入ってしまうと、その環境から抜け出す事が難しくなります。ユルユルには中毒性があるんです。人体構造上適さない事には全て中毒性があります。典型的なのがタバコ。人生の罠です。

 

ユルユルな職場で、ただただ惰性で仕事をこなしていても、何のスキルも身に付かず、学びが無いので賢くもなれないので、そういう職場でしか通用しない人材になっていき、手遅れになると、仕事に関しては諦めた人生を送る事になります。

 

大変だけど毎日頑張ってる介護士さんは全員正解という事ですね。知らず知らずの内に身になってるってやつです。ブラック労働はまた別ですよ。

 

この記事を見て、今の職場ちょっとヤバイかも…と思われた介護士さんは、早めに転職される事をオススメします。そのまま今の職場にいても、人生トータル的には多分良くありませんから。ラーメンに塩入れるくらい良くありませんから。

 

最後に

皆さんの職場はどうですか?ダルくないですか?人体構造に背いてないですか?職場にハレくんはいますか?

 

…いたりして。

 

おやすみハレくん。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメ記事↓】

これまでに紹介した介護士専門の転職(求人)サイトまとめ - 介護職員の戦闘力が上がるブログ


カテゴリー上部に、僕がオススメする介護士専門の転職サポート(求人)サイトや、資格取得サポートサイトの紹介ページがありますので、退職・転職を考えている方や、何か資格を取得しようと考えている方は是非ご覧ください。

 

Twitter公式LINE、instagram、YouTube(遊んでます)
もやってます。下にあるプロフィールの所にリンクを貼っていますので、そちらの方もよろしくお願いします。