介護職員の戦闘力が上がるブログ

見るだけで介護士戦闘力が上がります。

【覚悟】死ぬほど介護士を辞めたい人へ

f:id:hareoku:20201130203411j:image

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

仕事に行くのが辛くて辛くて仕方がない、なんて状況に陥ってませんか?

 

この記事は、なんとなく介護士辞めたいレベルの人にではなく、死ぬほど介護士を辞めたい人に向けた記事なので、あまり需要は無いかもしれませんが書きます。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

仕事を死ぬほど辞めたい人は限界突破するまでやり切った人

介護士を死ぬほど辞めたいと思っているのに、現状まだ続けているという事は、何か辞められない事情があるという事ですよね。

 

その事情というのは人それぞれでしょうけど、毎日毎日、『自分の人生はこれで良いのだろうか』という葛藤は全員がしていると思います。苦悩というやつですね。

 

その葛藤は、覚悟が決まるまで続きます。もし30年間覚悟が決まらないままだと、その葛藤も30年間続きます。

 

僕も、ある事が原因で、葛藤した期間がありましたが、その期間、とにかく人生が楽しくありませんでした。人間は、大きな迷いや悩みがあると、何も楽しめない仕様のようです。ターミネーターになりたい。

 

でもちょっと考えて欲しいんですけど、その葛藤が一生続くのは、流石ににヤバすぎますよね。何をしても楽しくない状態が一生続くというのは、絶対に避けなければいけないでしょう。

 

しかも、そこまで深い所まできているという事は、もう既に考え尽くしていて、自分の限界を超えるまでやり切ったという証拠です。

 

そこまでやって辞めるんですから、筋も通ってます。辞める事で、他の大切なものを失うとしても、辞めるべきです。人生全部上手くいくなんて有り得ないですから。失敗して、何かを失う事だってあります。それは人生のリスクとして許容して下さい。

 

アナタと全く同じ状況にいても、簡単に辞める人もいますからね。アナタが仕事を辞められない理由は、アナタが仕事を辞められないと思い込んでいるからです。

 

大事なものを捨てる覚悟を持とう

進撃の巨人に出てくる、アルミンというキャラが、「何かを変えることのできる人間がいるとすれば、その人は、きっと…大事なものを捨てることができる人だ」と言ってましたけど、まさにその通りで、何かを捨てないと前に進めない時ってありますよね。

 

とはいえ、自分の人生を捨てる訳にはいきません。仕事を辞める事で失うものがあっても、それに対しては失う覚悟を持って下さい。限界突破したまま何年も経つと、下手すりゃ死んじゃいますから。

 

どうしても辞められないなら

それでもどうしても辞める覚悟ができない場合は、自分が選択した道が正解になるように、努力して、今の状況をブチ壊すしかありません

 

人生の選択にミスってしまったけど、このまま終わる訳にはいかないと、死ぬほど嫌な事を極める覚悟を持って、頑張るしかないです。

 

嫌な事でも、極めるところまで行けば、後で振り返った時に、『この道を選んで良かった』と思えるはずです。

 

中途半端な所で揺れてるのが1番ダルいので、辞める覚悟を決めるか、極める覚悟を極めるか、自分が楽な方を選択すれば良いと思います。

 

死にたくなるほど追い込まれるまで頑張ってきたんですから、ここで辞める選択を選ぶ事が逃げではなく、正義である事は明確ですが、どうしても辞められないなら、極める覚悟でやり切る方が、葛藤の中にいるよりは楽です。

 

自分の人生、譲れない所は譲らずにいきましょう。

 

最後に

今日こんな記事を書いた理由は、これまでブログのお問い合わせフォームやTwitterのDMから、『介護の仕事が原因で病んでしまいました』という相談が定期的にあるからです。

 

仕事が原因で、鬼のように深く悩んでいる人も多いようなので、そういった人に対して、早く仕事を辞められるよう背中を押そうと思いました。 

 

仕事で悩むのは良いけど、病むのはダメだ。辞めてまえ。

 

おやすみ深い人。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメ記事↓】

これまでに紹介した介護士専門の転職(求人)サイトまとめ - 介護職員の戦闘力が上がるブログ


カテゴリー上部に、僕がオススメする介護士専門の転職サポート(求人)サイトや、資格取得サポートサイトの紹介ページがありますので、退職・転職を考えている方や、何か資格を取得しようと考えている方は是非ご覧ください。

 

Twitter公式LINE、instagram、YouTube(遊んでます)
もやってます。下にあるプロフィールの所にリンクを貼っていますので、そちらの方もよろしくお願いします。