介護職員の戦闘力が上がるブログ

見るだけで介護士戦闘力が上がります。

【介護士必見】睡眠の質をエグいレベルで底上げする方法

f:id:hareoku:20210111223334j:image

 

こんばんは。介護福祉士のハレくん(@harekunoku)です。

 

今日は、睡眠の質を底上げする方法について解説していきます。底上げですからね。今日・明日の睡眠の質を上げる方法ではなく、睡眠の質自体を底上げする方法です。ヨイショ。

 

今日紹介する睡眠法を知っておく事で、今後、不眠症になるリスクもかなり抑えられるので、不規則な勤務が付きものの介護士さんには特に必見の内容になってます。

 

では早速行きましょう。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

刺激制御法という睡眠法について

睡眠の質を底上げする方法とは、刺激制御法という睡眠法を使う事です。この、中2心をくすぶられる名称の睡眠法は、不眠に効く睡眠法第一位との研究結果が出ています

 

米国内科学会の発表では、入眠までの時間は20分早くなり、中途覚醒は約30分短縮され、睡眠効率は約10%改善した事が分かっています。布団に入ってから20分以内でほぼ確実に眠れる僕がこの睡眠法を使うと、歯磨き中に意識が飛ぶんだと思います。(飛ばない)

 

刺激制御法とはどのような睡眠法なのかを一言で説明すると、『布団は、眠るために使用するアイテムである事を、脳に刻み込ませる』睡眠法です。

 

ようは、寝る時以外は布団に入るなって事です。

 

布団に入ってスマホをいじったり、本を読んだりテレビを見たりする習慣があると、脳が、『布団は、スマホを見たり本を読んだりテレビを見たりする場所だ』と認識してしまい、睡眠の質がガクンと落ちてしまうそうです。

 

なので、眠たくなってから布団に入る事を習慣にする事で、脳が、『布団は眠る場所だ』と認識し、睡眠の質がギュインと上がるんだそうです。

 

これは、古典的条件付けという心理学を活用した睡眠法です。

 

梅干しやレモンを見ると唾液が出るのも、古典的条件付けです。あれは、梅干しやレモンを食べると唾液が沢山出るという事実が脳に刻み込まれているので、梅干しやレモンを見ただけで、唾液を出せと脳が指令を出すようになってしまっているんです。

 

それと全く同じ原理で、眠たくなってから布団に入る事を習慣にする事で、『布団に入ったら眠れ』と、脳が指令を出すようになるというカラクリです。

 

『ハレくんのブログを見ると、唾液を垂れ流しながらSNSでシェアしてしまう』

 

という方が続出していると以前ニュースになっていましたが、それも古典的条件付けです。僕が書くブログ記事には、拡散したくなる要素と酸味を効かせてあります。

 

刺激制御法の4つのルール

刺激制御法には、守るべき以下の4つのルールがあります。

 

①布団に入るのは眠くなった時だけ

②目が冴えてきてしまったら布団から出る

③布団は眠るためだけに使う(布団の中でスマホ見たりしない)

④毎朝同じ時間に起きる

 

この4つのルールを習慣にする事で、睡眠の質が底上げされ、今後、不眠症などになりにくいという事ですね。

 

どうしても、眠る以外に布団を利用したい場合は、眠る用ではない布団を用意すると良いと思います。眠らずゴロゴロする用の布団セットをしまむらとかで買えば良いと思います。一式5000円くらいでありますよね多分。

 

という事で、不規則な勤務の人や、寝つきの悪い人、睡眠を心から愛している人は、今日から刺激制御法を意識してみて下さい。

 

上述した通り、米国内科学会が発表しているデータによると、エグいレベルで睡眠の質が底上げされる事が分かっていますからね。

 

刺激制御法でも睡眠の質が上がらない、なかなか寝つけない、という介護士さんには、毎晩僕が子守唄を歌いに行って差し上げるしかありませんね。耳元で国歌斉唱です。(眠くなってきている)

 

最後に

刺激制御法!!(大声で言ってみたくなる)

 

介護士の皆様、今日から刺激制御法を少しでも意識してみて下さい。そして今日はもう寝ましょう。(本当に眠たくなってきている)

 

あっ、先日ですね、介護ワークさんというサイトで、当ブログが紹介されました。当ブログに対して素敵なコメント下さっていて、喜びました。(小並感)紹介して頂いたページのリンクを貼ってあるツイート貼っておきます↓(ややこしい)

 

 

 それでは皆様、オヤスミナサイ。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメ記事↓】

これまでに紹介した介護士専門の転職(求人)サイトまとめ - 介護職員の戦闘力が上がるブログ


カテゴリー上部に、僕がオススメする介護士専門の転職サポート(求人)サイトや、資格取得サポートサイトの紹介ページがありますので、退職・転職を考えている方や、何か資格を取得しようと考えている方は是非ご覧ください。

 

Twitter公式LINE、instagram、YouTube(遊んでます)
もやってます。下にあるプロフィールの所にリンクを貼っていますので、そちらの方もよろしくお願いします。