介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護士戦闘力が上がります。

【悩】グループホームが特養化してしまうのには深い理由があった

f:id:hareoku:20210401212117j:image

 

こんばんは。いまだにカマボコがなんなのかよく分かっていない、介護福祉士のハレくん(@harekunoku)です。

 

今日はタイトルの通り、グループホームが特養化してしまう、盲点になりがちな理由について解説していきます。

 

前置き無しで早速行きましょう。(前置きのネタが無い)

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

グループホームが特養化する理由

グループホームが特養化しているというのはよく聞く話ですよね。職場の誰かと誰かがデキているというウワサ話くらいよく聞く話ですよね。

 

グループホームのお風呂は基本的に、一般家庭用と同じ普通のお風呂なので、身体的に重度の利用者さんにはシャワー浴しかさせてあげられないみたいな問題が多発しています。

 

入所者の殆どが身体的に重度化しているグループホームも沢山あるみたいです。

 

そうなってしまうのには色んな理由があるんですが、その理由の1つが、人間の感情です。感&情

 

今更他の施設に行きたくないという本人の感情や、住み慣れた所に居させてあげたいという家族の感情、利用者やご家族の気持ちを尊重してあげたいという施設側の人間の感情が、グループホーム特養化の原因である場合があります。

 

常に感情に流されない判断をする事は困難

入所した時、サンシャイン池崎かのように元気モリモリだった利用者のAさんが、3年後、1人で立ち上がる事ができなくなり、寝たきりに近い状態になってしまったなんて話はザラにありますよね。

 

そんな時、「はいAさん特養に転居〜」なんて、機械的に対応できる訳ないですよね。その状況は人々の感情が交差する地点ですからね。まさに感情のスクランブル交差点。(全く上手くない)

 

これを分かっておかないと、『ウチのグループホーム、気づいたら特養化してた☆』という事態になるんです。

 

そして一度そうなってしまうと、そのグループホームには特養化の文化が出来上がってしまい、一定の周期で特養化するようになります。そのサイクルから抜け出すのは至難の技です。良い人キャラがいきなり無愛想になれないのと同じです。

 

機械的に判断し過ぎてもいけないし、感情に流された判断でもいけません。その時その時の状況に合わせて、総合的な判断をし続けないといけないので、グループホームをグループホームとして機能させていくのは結構難しいと思います。

 

総合的な判断って、腑に落ちない人の方が多くなりますからね。 

 

野球やりたい人とサッカーやりたい人とテニスやりたい人が居たとして、結果的にサッカーをやる事になった場合、野球派とテニス派は不満を抱きますよね。これが管理者の最大の苦悩だと思います。

 

そんな苦悩を抱えている管理者さんにアドバイスできる事は、日頃から人間関係を上手く構築しておきましょうという事だけです。その人の判断に納得するかどうかは、その人の人間性によって違ってきますからね。

 

そこらへんの赤ちゃんが下した判断とボスベイビーが下した判断が同じだった場合、ボスベイビーには説得力が伴いますよね。(例えが下手)

 

『まぁアイツが決めた事だからしゃあないな』と思われる人間でいられるかどうかです。ムスッとしてると本当に損しますからね。とにかく人間関係を攻略しましょう。

 

伝えたい事

今日こんな話をして結局何が言いたいのかと言うと、介護の仕事をする上で、感情の入れ過ぎは良くないという事と、役職者が人間関係下手くそだと周りは苦労しますという事。

 

この2つがどうかで、事業所の状態は首相官邸とほったて小屋くらい、いや、ベンツと一輪車くらい変わりますからね。まぁ役職者はどうにもならないと思うので、とりあえず感情面には気をつけていきましょう。投入する感情は常に半分で。

 

最後に

少し前に、銀行が企業に融資するかどうかの判断はAIが行うべきみたいな話がありましたよね。人間が判断すると、どうしてもその企業の事業とは関係の無いところを判断材料に入れてしまうんだと思います。(話した時の社長の印象等)

 

介護の世界もそれと同じですね。

 

あっ。風呂の時間だ。

 

次の記事はこれですのでよろしくお願いいたします↓

 

(エイプリルフールなのに嘘つくの忘れてた。)

 

おやすみボスベイビー。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメ記事↓】

これまでに紹介した介護士専門の転職(求人)サイトまとめ - 介護職員の戦闘力が上がるブログ


カテゴリー上部に、僕がオススメする介護士専門の転職サポート(求人)サイトや、資格取得サポートサイトの紹介ページがありますので、退職・転職を考えている方や、何か資格を取得しようと考えている方は是非ご覧ください。

 

Twitter公式LINEコミュニティ、instagram、YouTube(遊んでます)
もやってます。下にあるプロフィールの所に各SNSのリンクを貼っていますので、そちらの方もよろしくお願いします。