介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護士戦闘力が上がります。

【介護業界】ブラック企業がよく使う巧妙な悪魔の手口を公開します

f:id:hareoku:20210717210843j:image

 

こんばんは。介護福祉士のハレくん(@harekunoku)です。

 

SNSを見てると、世の中にはブラック企業がまだまだ沢山あるんだなと思わされます。介護業界にも沢山あるんだろうなと。

 

ブラック企業というのは、そこで働いている人の事を鉄砲玉としか思っていないので、運悪く入社してしまうと、とてつもなく残酷な扱いを受けます。イメージとしては、カイジが帝愛で行っていた地労労働です。

 

という事で今日は、ブラック企業がよくやる汚い手口、悪魔のやり口について公開します。社会人なら絶対に知っておいた方が良い知識なので最後まで見ていって下さい。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

基本給+手当

求人票を見た時に、給料25万円(基本給14万円+各種手当11万円)みたいな記載のされ方がしているのを見た事ありませんか?

 

各種手当11万とは??と一瞬なりますが、給料が25万である事に変わりは無い。という思考回路にすぐになりますよね。

 

この思考回路になった時点で、ブラック企業が仕掛けた罠にハマってしまっています

 

その時ブラック企業は、闇遊戯の如く「トラップカード発動!!」と叫んでいます。

 

どういうトラップかと言いますと、支払う残業代を少なく抑えるために基本給を低く設定している場合があるんです。

 

基本給14万円を時給換算した場合、月22日8時間勤務で、約800円になります。それを1.25倍しても約1000円です。

 

企業側は、1時間1000円で労働者に残業をさせる事が可能になるんです。基本給が25万円だった場合は時給が約1800円になるので、人件費を半額レベルで抑える事に成功します。

 

ブラック企業は、手当てを大きくして基本給を少なくする事で、労働者に安い給料で長時間労働させようという汚いやり口を巧妙な手口で使ってくるので、良く分からない手当が沢山ついている場合は一旦注意して下さい

 

手当がやけに大きいからといって、全部が全部ブラック企業だとは限りませんが、単純な思考回路になる事は避けましょう。

 

求人票は、小さい頃によく言われた、お母さんからの「怒らないから正直に言いなさい」という言葉と同じ感覚で取り扱いましょう。

 

 

悪意の副業禁止

「副業を禁止するなら十分な賃金を支払え」という言葉をよく聞きますが、これは、半沢直樹も言い返せないくらいごもっともな意見ですよね。

 

副業を禁止している企業も沢山ありますが、『なぜ副業が禁止なのか』という事が明確である場合や、日本人の平均を上回る賃金を支払った上で副業を禁止にしている場合はまだ理解できます。

 

しかし、手取り15万円程度の賃金しか支払わず、副業が禁止である納得の理由を説明出来ないのに、副業を禁止するのは良く分からないですよね。これ、理由なんだと思いますか?

 

これは多分、仕事を辞められない精神状態に持っていくためです。

 

もしも副業で、ある程度稼げるようになったら、生活に余裕が出てくるので、退職等の行動がしやくなりますよね。また、手取り15万円では中々お金も貯まらず、転職にかかるコストが捻出できずに身動きがとれない状態になりやすいです。

 

つまり、謎に副業を禁止している職場は、社員の会社への依存度を高めるために副業を禁止しているんです。

 

考え方としてはまぁ恐ろしいですよね。支配的です。

 

そんな感じで、『なんで?』と思う事には、大体こちら側に不利な理由があるので、自分が勤めている職場に疑問がある方は、その疑問について考えてみる事をオススメします。

 

最後に

ブラック企業は恐いですよ。鬼のように心理の勉強をして、社員の事を心理的に支配・洗脳してきますからね。僕は支配される事がなにより嫌いなので、今のライフスタイルになっています。友達に、「珍しいけど飼いにくい犬みたいな奴」と言われた事もあります。はい。

 

という訳で介護士の皆様、ブラック企業の術中にはまらないようにお気をつけ下さい。

 

おやすみ班長。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメ記事↓】

これまでに紹介した介護士専門の転職(求人)サイトまとめ - 介護職員の戦闘力が上がるブログ


Twitter公式LINEオンラインサロン、instagram、YouTube
もやってます。下にあるプロフィールの所に各SNSのリンクを貼っていますので、そちらもよろしくお願いします。