介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護士戦闘力が上がります。

【朗報】賃上げされる9000円が現場の介護士に行き渡るのか不安な方へ

f:id:hareoku:20211206195754j:image

 

こんばんは。

 

2月から介護士の賃金が月額9,000円上昇する事は皆さんもう知っていると思うんですが、その事に関して、『そのお金が現場の介護士に行き渡るのかが心配』という声が、全国各地、全世界、第7宇宙から聞こえてきております。

 

報酬が増えた所で事業所の収入になるだけなんじゃないかという不安ですね。

 

信用の無い介護事業所が物凄く多いんですね。処遇改善加算の件もそうですが、悪どい事をしている事業所が実際多いんだと思います。

 

ですが、今後の賃上げに関してはちょっとした朗報がありました。介護士の賃上げ分の収入を、事業所に抜き取られる事が無いよう、かなり対策されるようです。

 

という事で今日は、賃上げ分の報酬がちゃんと現場の介護士に行き渡るのかという不安が少し解消される情報を共有していきたいと思います。

 

この記事のソースとして、介護ニュースサイトjointのコチラの記事を参考にさせて頂きます↓

介護職の賃上げへ報酬の分配見直しを 財務省提言 処遇改善加算の再検討も | articles | 介護のニュースサイトJoint

 

報酬が現場の介護士に行き渡る仕組みを構築する by財務省

介護士の賃上げの件で様々な議論がされているようなんですが、その中で、『事業所の収入にならないように。現場の介護士に行き渡る仕組みを。』との意見が出ているようです。

 

どういった話になっているかと言いますと、既存の処遇改善加算に対して、現場の介護士の賃上げに繋がっていない場合があると指摘がありました。

 

事業者の収入にはなっても、介護職員の賃上げに繋がらなかったとの指摘があり、実際の賃上げにつながる実効的な仕組みを構築する必要があるとの意見があがったそうです。財務省からです。

 

財務省マジでNICEでしょう。(財務省ラップ)

 

今回の賃上げについても、対策される事は間違いないと思われる発言です。

 

これまで、本来介護士に行き渡るはずの報酬が介護事業所側に流れていたという事実があるので、これからは、事業所が誤魔化せない仕組みを作った上で介護士の賃上げを行う。との事ですね。

 

国の対策をくぐり抜けて不正を行ったらどうなるのか

国がこう言ってる中で、それでも悪どい事をしようとした事業所には、厳し目のペナルティが課せられるのではないかと予想しています。

 

去年か一昨年、コロナ対策で企業や個人事業主に、国から色んな給付金が出たんですが、給付金を不正受給した人の氏名や住所が経済産業省のHPにて公開されています

 

しかも、給付金を返納した上で、20%の加算金及び年率3%の延滞金の返納という追撃もあるので、介護士の賃上げ報酬を不正に受け取った介護事業所にも地獄級の罰則が設けられる可能性が高いだろうと、コナンばりの推理をしました。

 

個人口座に振り込むのは流石に難しいと思うんですが、不正しようのない、不正する事で事業所側に大きなリスクを伴う対策がされる事は間違いないと思うので、具体的な対策案が発表されるまで待ってみましょう。

 

最後に

最近の財務省って、介護士に寄り添いがちですよね。以前も、「介護職員の賃金は低い!処遇改善が必要!」って発言してました。

 

介護はボランティアにやってもらおうとか言ってた財務省がですよ。

 

仮面ライダーBLACK RXで言うと、ジャーク将軍がいきなり仲間に加わったような感じです。

 

今後の介護業界に期待ですね。

 

おやすみジャークミドラ。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメ記事↓】

これまでに紹介した介護士専門の転職(求人)サイトまとめ - 介護職員の戦闘力が上がるブログ


Twitter、公式LINE、介護士コミュニティ(オンラインサロン)、instagram、YouTube
もやってます。下にあるプロフィールの所に各SNSのリンクを貼っていますので、そちらもよろしくお願いします。