介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護士戦闘力が上がります。

【自律神経】介護士に心底オススメできる!心の疲れを労力0で激減させる方法

f:id:hareoku:20220401122425j:image

 

こんばんは。介護福祉士のハレくん(@harekunoku)です。

 

介護業界は、なにかと心が疲れやすい業界です。

 

不規則な勤務形態で自律神経が乱れて、セロトニンの分泌量が減ってしまう事が、心が疲れる原因の大部分を占めています。

 

セロトニンというのは、憂鬱でヤル気が無い状態を改善してくれる脳内物質の事で、これが常にドバドバ出ていれば、心の状態は悪くならないとされています。

 

自律神経を改善してセロトニンを分泌する方法って、朝日を浴びながら運動するだとか、色々ありますけど、今日僕が紹介する方法は、労力0で毎朝セロトニンを分泌して、朝から元気な状態に持っていく方法です。

 

僕自身エゲツない効果を体感しているので、自信をもって皆さんにオススメする事ができます。

 

では行きましょう。

 

労力0で心の疲れを激減させる方法

労力0で心の疲れを取る方法とは、夜寝る時にカーテンを全開にして寝る。これだけです。

 

ここから僕の体験談になるんですが、僕はセロトニンが出過ぎる病気なのかなと思うくらい、落ち込まないタイプの人間です。

 

大体の事を、『まぁ良いか』で済ませてしまいます。

 

そんな僕ですが、朝が本当に弱いんです。昔っからです。

 

朝の憂鬱感だけは誰にも負けない自信がありますし、僕の朝の戦闘力は、カメムシと同等ではないかと推測されているほどです。

 

そんな僕が、朝の憂鬱感をどうにかしたい!と本気で思いまして、朝歩くとか色々やってたんですけど、仕事が忙しくなるにつれて面倒くさくなってきまして、特に冬場とか無理なんですよね。

 

冬のクソ寒い朝にウォーキングに行くなんて、朝憂鬱マンからすれば狂気の沙汰でしかない訳です。

 

冬場は寒いので分厚いカーテンをガッチリ閉めて、お布団にくるまって寝ていたんですが、これが良くなかった事が判明しました。

 

カーテンを全開にして寝るようにしてからというもの、明らかに朝の憂鬱感が激減したんです。軽減じゃないですよ。激減です。

 

天性的に朝が弱い人間なので、この変化が良く分かるんです。

 

セロトニンが自動生成される

カーテンを全開にして寝る事で、寝ている状態で自動的に朝日を浴びる事になりますよね

 

6:30くらいになると眩しくなって勝手に目が覚めて、セロトニンがドバドバ生成され始めます。

 

朝夕30分づつ日光を浴びると自律神経に効果的と言われているんですが、僕の場合、6:30に目が覚めて、布団を出るまでに1時間以上あるので、布団から出るまでにバッチリ日光パワーを吸収できているという訳です。

 

仮面ライダーBLACK RX!

 

本来の僕であれば、朝起きて家を出た後、暫くして調子が出てくる感じだったんですが、カーテン全開で寝るようにしてからというもの、布団から出る段階で既に若干調子に乗っています。

 

何回も言いますけど、朝の憂鬱感が明らかに激減しているんです。

 

日光じゃないと意味がない

日光には(特に朝日)、セロトニンを分泌する効果があり、セロトニンは自律神経を整えますが、日光パワーはそれだけに留まりません。

 

セロトニンは、メラトニンの脳内物質を生成するための材料でもあるので、同時に日頃の睡眠の質も高めてくれるんです。

 

※メラトニン→質の高い睡眠に必要な脳内物質

 

セロトニンを分泌する照度というのがありまして、2500ルクス以上の光を浴びなければ、セロトニンは分泌されません。

 

電灯は500ルクス以下で、日光は1万ルクス以上あります。レベチです。

 

早朝に1万ルクス以上の光を30分以上浴びるようにした僕は、労力をかけずに無敵の人間になりました。

 

毎朝カメムシ以下の戦闘力だった僕が、絶大な効果を感じているので、効果を感じられる方は他にも沢山いるはずです。

 

寝室があまり朝日の当たらない所にある方は、今後、朝日が比較的よく当たる所を寝室にして、カーテン全開で寝て下さい。(なんか強制的)

 

労力0なのに、『こんなにか!』って思うほど効果を感じているので、是非皆さんにも試してもらって、1週間後くらいに、どうなったか感想を聞かせてほしいと思います。(小学校の先生か)

 

という事で今日は、労力0で心の疲れを激減させる方法でした。

 

絶対やって下さい。(くどい)

 

という事で、カーテン全開で、おやすみなさい。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメ記事↓】

これまでに紹介した介護士専門の転職(求人)サイトまとめ - 介護職員の戦闘力が上がるブログ


Twitter、公式LINE、介護士コミュニティ(オンラインサロン)、instagram、YouTube
もやってます。下にあるプロフィールの所に各SNSのリンクを貼っていますので、そちらもよろしくお願いします。