介護職員の戦闘力が上がるブログ

訪問者数58.5万人 PV数330万PV

【安定感】介護士やめて他業界に行きたいなら〇〇な会社が良い

f:id:hareoku:20220815190702j:image

 

こんばんは。介護福祉士のハレくん(@harekunoku)です。

 

このブログは本当に沢山の介護士さんが見てくれています。日本だけで7億人全世界で160億人もの介護士さんが見て下さっています。

 

しかし中には、一刻も早く介護士を辞めたい人もいる事でしょう。

 

今日はそんな介護士さんに向けて、他業界に行くならこんな会社が良いと思いますよ!という話をしていきたいと思います。少しでも参考になればと思います。

 

では行く。

 

多角経営の会社

結論から言いますと、多角経営している会社が良いと思います。総合商社みたいな。

 

(多角経営とは、一企業が数種の業種を同時に経営することを言います)

 

なぜそう思うのか説明していきます。

 

なぜ多角経営が良いのか

朧げながら浮かんだからです。多角経営という単語が。

 

f:id:hareoku:20220815190833j:image

 

というのは半分冗談です。(半分)

 

某ウイルスによって、壊滅的なダメージを受けた企業が世の中には沢山ありますよね。アッパーアッパー昇竜拳をマトモに喰らった時のHPしか残っていない企業が沢山あります。

 

旅行業界なんて特にエグかったと思います。売上が90%以上減少した所も少なくありませんでした。そこで働く人たちも、収入面でかなりのダメージを喰らったとニュースで言ってましたよね。

 

90%も売上が減少したのに、よく持ち堪えられましたよね。そんな状況、ライト兄弟でも諦めるレベルです。生き残れている事が凄いですよね。

 

と、思うと思うんですが、生き残るために行った行動は、借金ですから。傷は深いので、元のような状態に戻るにはまだまだ時間がかかると思います。

 

そんな感じで、事業が1つしかないと、何らかの事象が起こった時に喰らうダメージが大き過ぎるんです。

 

逆に色々やってると、A事業の売上が半減しても、B事業C事業を頑張れば、ある程度カバーできます。

 

これだけ不安定な時代なので、多角経営の方が憂利な時代だと思う訳です。

 

多角経営のメリット・デメリット

多角経営の企業で働くにもメリットとデメリットがありますが、重要なのを2つづつ置いておきます。

 

メリット

①収入元が複数ある事で会社の経営状態が安定する

②政策や感染症拡大による事業へのダメージが他事業でカバーできる

 

デメリット

①企業ブランディングがしにくい(なにをやっている会社なのかが分かりにくい)

②コストが大きくなる

 

メリット・デメリットはこんな感じなんですけど、今の時代、多角経営のメリットが物凄く生きますよね。

 

会社の経営が安定するって事は、そこで働く人たちの収入も安定するって事ですから。

 

何か1つの事象で、リストラとか減収とかってダルいので、介護士を辞めて他業界に行くなら、多角経営の企業を選択した方が、収入的にも精神衛生的にも安定するのではないかと思います。

 

僕が他業界に転職するとしても、確実に多角経営の企業を選択します。

 

事業1つの企業でも、大規模な所ならまだ良いですが、小規模な所は正直怖いですね。

 

なぜ介護士を辞めるんですか?

転職先を吟味する上で、介護士を辞める理由をベースに考えるのも大事です。チーズフォンデュのチーズくらい大事です。

 

介護の仕事で得たスキルを続投したいところではありますが、人間関係に嫌気がさして介護を辞める人は、極力人と深く関わらない仕事を選んだ方が良いですよね。

 

または、仕事自体は余裕だけど、もっとお金が稼げる業界に行きたいとかって人は、もっと稼げる利益率の高い業界に行くべきです。年商じゃないですよ。利益率です。

 

ちなみに介護業界の利益率は2.4%です。製造業が4%、卸売り業はなんと1.1%です。これでは給料上がらないのも無理ありません。海物語の継続率は66%です。

 

良い給料貰ってる人の大半は、利益率が高い業界で働いているので、利益率重視で転職先を探すのもアリです。

 

業界ごとの利益率や業界規模、自己資本比率等のランキングが見える、業界動向サーチという非常に有益で便利なサイトがあるので、リンク貼っときます↓

 

業界ランキング(2020-2021年版)-業界動向サーチ

 

最後に

仕事選びの基本ですが、やってて苦しい仕事は絶対に避けるべきでしょう。人生が勿体無いです。ブレイブメンロード渡る方がマシです。介護の仕事に拘る必要もありません。

 

介護が合わないと思ったら他業界に行けば良いし、やっぱり介護が良いなと思ったら、介護業界に戻ってくれば良いだけですからね。

 

転職という行動は、自分の人生を今より良いものにするために行うものだと思うので、しっかり情報収集して吟味して、バシッと決めてもらえたらと思います。

 

この記事の内容が面白かった、ためになったと思って頂けたら、SNSでの拡散や、はてブをよろしくお願いいたします。(励みになります)

 

それでは今日はこの辺で。

 

おやすみ進次郎。

 

【退職・転職・就職を考えている方にオススメの記事↓】

これまでに紹介した介護士専門の転職(求人)サイトまとめ - 介護職員の戦闘力が上がるブログ


Twitter、公式LINE、介護士コミュニティ(オンラインサロン)、instagram、YouTube
もやってます。下にあるプロフィールの所に各SNSのリンクを貼っていますので、そちらも是非よろしくお願いします。