介護職員の戦闘力が上がるブログ

おかげさまで、当ブログ訪問者数42万人、260万PVを突破しました。

【1位が意外】絶対に介護士になってはいけないアニメキャラ3選

f:id:hareoku:20200706195945j:image

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

今日は、現場の介護士さんだけでなく、経営側の方にも是非見てもらいたい内容になっています。

 

タイトルにもある通り、絶対に介護士になってはいけないアニメのキャラクターを3人、ランキング形式で紹介していくので、もしそのキャラクターが貴社に面接に来た場合には、必ず落とすようにして下さい。

 

それでは早速紹介していきます。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

第3位 ベジータ

絶対に介護士になってはいけないアニメのキャラ、第3位は、超人気アニメ、ドラゴンボールの準主人公と言っても過言ではない、誇り高きサイヤ人の王子、ベジータです。

 

ベジータが介護士になってはいけない最大の理由は、彼は羞恥心への配慮がきっと出来ないからです。

 

人間は高齢になると、筋力の低下等が原因で失禁してしまう事があります。これは人体構造上仕方がない事で、恥ずかしい事ではありませんが、本人からすれば、『恥ずかしい』と思ってしまう事なんです。

 

介護士には、利用者のそういった羞恥心に配慮した対応が求められます。介護は、利用者の自尊心を傷つけないケアに重きを置く必要があるんですね。

 

はたしてベジータにそれができるでしょうか?

 

失禁してしまった利用者に対して、言ってはいけない一言を放つような気がしてなりません。

 

f:id:hareoku:20200706133033j:image

 

…絶対にダメな一言です。彼は口癖のようにこの台詞を吐く習性がありますが、介護現場では、このような羞恥心への配慮が出来ていない発言は実質的に禁止されています

 

注意したら注意したで、「俺はサイヤ人の王子だぞ!!」「俺に指図するな!!」とか言って、全然言う事聞かないと思いますし、どう考えてもベジータに介護士は務まりません。

 

ドラゴンボールという世界の中では大好きなキャラクターなのですが、介護業界的には、すみません。NGです。

 

第2位 モンキー・D・ルフィ

絶対に介護士になってはいけないアニメのキャラ第2位は、アニメ、ワンピースの主人公で、麦わら海賊団の船長、モンキー・D・ルフィです。

 

ルフィは性格も良く優しいので、一見、介護士に向いているように見えてしまいますが、ダメです。ルフィには絶対に介護士は務まりません。なぜなら、彼は利用者に対して冷静な対応がきっと出来ないからです。

 

例えば夜勤中、利用者さんの居室からコールがあり訪室した際に、「早く家に帰りたい」と、帰宅願望の訴えがあったとしましょう。

 

そんな時、介護士に求められる対応は、その場を上手く乗り切る事ですよね。利用者さんの帰宅願望を消失させる事が出来ればベストです。

 

はたしてルフィにそれが出来るでしょうか?

 

こちらの画像をご覧下さい。

 

f:id:hareoku:20200706135044j:image

 

はい。出来ませんよね。居室ごとブッ壊すんですよあの男は。利用者が入浴拒否の訴えをした場合だと、「風呂があるからいけねぇんだ!!」とか言って、きっと風呂をブッ壊します。

 

ルフィは非常に良い奴ですが、冷静な利用者対応が出来ない事と、施設の修繕費がかさみそうな事を考えると、介護士としてはNGです。

 

第1位 江戸川 コナン

絶対に介護士になってはいけないアニメのキャラ、ダントツの第1位は、アニメ、名探偵コナンの主人公、工藤新一こと、江戸川コナンです。

 

彼に介護士をさせるのは非常に危険です。その理由をこれから説明していきます。

 

彼は、時計型麻酔銃を常に持ち歩いていて、その麻酔銃を、毎週のように毛利小五郎に対して使用していますよね。アニメを見た事のある方は分かると思うんですが、あの麻酔銃、効果がとてつもなく強いんです。

 

即効性があり、体格の大きな大人が、数時間一切起きません。作中では、象ですら一瞬で眠らせる麻酔であると紹介されていました。

 

麻酔の使用は本来、麻酔科医のみが行える医療行為で、使用方法を間違えれば生命を脅かす危険性もあり、使用には専門性の高い知識と技術が不可欠なものだそうです。

 

ただでさえ危険性が高い麻酔な上、象をも一瞬で眠らせるほどの強力な麻酔を、遠距離から、幼馴染みの親父の頸動脈に毎週ブチ込むような人間に、介護士が務まるとは到底思えません。

 

f:id:hareoku:20200706135528j:image

 

そもそも法律無視ですし、事件を解決したいという自己の欲求を満たすためなら、毛利小五郎が死んでも構わないという思考を持ち合わせている、非常に恐ろしいタイプの人間です。絶対に介護士になってはいけません。昼夜逆転気味の利用者さんにも、躊躇なく麻酔銃を使用する事でしょう。

 

更に、一説によりますと、彼はこの1年間で約181件もの殺人事件に遭遇しているそうです。縁起が悪いなんてレベルの話ではありません。彼が行く先々で、とにかく人が死ぬんです。こんな人物を介護現場で働かせられる訳がありません。週2で看取りになってしまう。

 

コナン君は、探偵としては頂点ですが、介護士としては底辺です。そのまま名探偵を続ける事をオススメします。

 

以上、絶対に介護士になってはいけないアニメキャラ3選でした。3人とも好きなキャラですが、一緒に仕事はしたくありませんね。働きたいと希望されても、書類選考の段階で落としたいと思います。

 

それでは、最後まで見て頂きありがとうございました。おやすみファイナルフラッシュ。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメ記事↓】

これまでに紹介した介護士専門の転職サポート(求人)サイトまとめ - 介護職員の戦闘力が上がるブログ


カテゴリー上部に、僕がオススメする介護士専門の転職サポート(求人)サイトや、資格取得サポートサイトの紹介ページがありますので、退職・転職を考えている方や、何か資格を取得しようと考えている方は是非ご覧ください。

 

Twitter公式LINE、instagram、YouTube(遊んでます)
もやってます。下にあるプロフィールの所にリンクを貼っていますので、そちらの方もよろしくお願いします。