介護職員の戦闘力が上がるブログ

おかげさまで、当ブログ訪問者数42万人、260万PVを突破しました。

【1位が意外】絶対に介護士になるべきアニメキャラ3選

f:id:hareoku:20200708205429j:image

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

前回、絶対に介護士になってはいけないアニメキャラ3選という記事を書いたんですが、これが結構好評でして、『逆に、絶対に介護士になるべきアニメキャラも知りたい!』とのご意見を多数頂きました。ありがとうございます。

 

という事で今日は、絶対に介護士になるべきアニメキャラ3選と題して記事を書いていきたいと思います。良い介護士になるだろうなと、僕が確信しているキャラ達を、今回もランキング形式で紹介していきます。

 

それではいきましょう!

 

※絶対に介護士になってはいけないアニメキャラ3選をまだ読んだいない方は、先にそちらを読んでから、続きを読まれる事をオススメします。

【1位が意外】絶対に介護士になってはいけないアニメキャラ3選 - 介護職員の戦闘力が上がるブログ

 

(スポンサーリンク)

 

 

第3位 伊藤 開司(藤原竜也)

絶対に介護士になるべきアニメキャラ、第3位は、ギャンブル系アニメ、カイジの主人公でお馴染み、伊藤開司(通称:カイジ)です。

 

ざわ・・・ざわ・・・のやつですね。

 

カイジが介護士になるべき最大の理由は、不穏な利用者さんを落ち着かせる事に長けているからです。

 

映画では、藤原竜也さんがカイジ役を演じておられましたが、藤原竜也さんが演じる数々のシーンを見て、カイジの中に介護士として光るものを感じました。

 

以前このブログで、利用者さんが帰宅願望を訴えた時は、自分が更に強い帰宅願望を訴えてみると良いですよ。という話をしましたよね。自分より怒っている人を見ると、自分の怒りが収まる心理を利用した心理テクニックです。

 

この心理テクニックを使わせて、カイジ…いや、藤原竜也さんの右に出る者はいません。(実写版のインパクトが強過ぎる)

 

こちらの画像をご覧下さい。

f:id:hareoku:20200708155921j:image

 

このシーンは、悪役の利根川という男に、Eカードというギャンブルで勝利した後の顔です。利根川はこのギャンブルに負けた事で、人生再起不能なほどの、大きな負債を背負う事になります。

 

発狂寸前!!といったところで、カイジにこの顔を向けられた利根川は、落ち着いた様子で、真っ直ぐにカイジの顔を眺めていました。「どうしたのこの人…」という感情だったんだと思います。自分より怒っている人を見ると、自分の怒りが収まる心理が発動していますね。

 

利用者さんが、夜勤中に帰宅願望を訴えた時に、この顔で、「俺゛も゛帰゛り゛た゛い゛ん゛で゛す゛よ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛ぉ゛!」と利用者さんよりも強く帰宅願望を訴えるとどうなるでしょうか。

 

まず間違いなく、利用者さんの帰宅願望は一瞬にして消え去るはずです。「どうしたよお前…」「大丈夫かよ…」と、介護士の事を心配する気持ちが勝り、自分の帰宅願望が消失するという現象が起こるからです。

 

もしカイジが介護士だったら、自分が誰よりも強烈に帰宅願望を訴え、利用者さんの帰宅願望を消失させてくれる事でしょう。

 

第2位 ケンシロウ

絶対に介護士になるべきアニメキャラ、第2位は、大人気世紀末系アニメ、北斗の拳の主人公、ケンシロウです。

 

ケンシロウが介護士になるべき最大の理由は、残存機能を活かした介護ができるからです。

 

利用者さんに頼まれた事を、何でもやってあげる事が、良い介護ではありませんよね。残存機能を活かしつつ、出来ない所だけをサポートするのが、介護の基本中の基本です。

 

しかしこれは結構難しくて、利用者さんからすると、なんでもやってくれる介護士の方がありがたいので、残存機能を活かした介護を意識すると、利用者さんに嫌われてしまう可能性があります「この介護士は何もやってくれない!!」と。

 

介護士は時として、心を鬼にしなければいけないんですね。

 

ここでこちらの画像をご覧下さい↓

f:id:hareoku:20200708184528j:image

 

これは敵に対してケンシロウが放った言葉なのですが、その敵とは、ケンシロウとは親戚のような関係性で、悲しい過去を背負って以来、荒れた生活を送っているカイオウという男です。

 

そんなカイオウに対し、「それ以上荒れるならブン殴る!ここで殴ってやるのが本当の愛だろ!」みたいな事を言っているシーンです。ここで甘やかすと更に荒れた道に進んでしまうだろうと、本物の愛を持ってカイオウに接する漢気溢れるシーンでした。(最終的にブッコロしました)

 

ここまで心を鬼にできるケンシロウなら、利用者に嫌われる事を恐れず、残存機能を活かした良い介護ができるに違いない。優秀な介護士にきっとなれる。是非ともウチに面接に来て欲しい。あべし。

 

第1位 江戸川 コナン

 

え。

 

って感じですよね。

 

コナン君は、前回の記事、『絶対に介護士になってはいけないアニメキャラ3選』で、ブッチギリの1位だった男です。介護士適正は0のはずです。

 

なのになぜ今回、絶対に介護士になるべきアニメキャラ第1位に選ばれたのかと言いますと、コナン君は、最低の介護士にもなり得るし、最高の介護士にもなり得るからです。デフォルトのままでは底辺介護士ですが、育て方によっては大化けする可能性があるという事です。

 

コナン君と言えば、『たった1つの真実見抜く』というのが代名詞で、高い知能指数を持ち、いつも事件を解決に導いていきますよね。推理力がずば抜けている訳です。

 

その推理力を介護現場で活かせれば、とんでもない介護士になれるなと。

 

入浴拒否をしている利用者さんに、何と言えば入浴してもらえるのか…、帰宅願望を強く訴える利用者さんに、どんな対応をすれば落ち着いてもらえるか…、などなど、そういった事の答えを導き出してくれるんです。もはや介護士としてチートです。

 

介護に正解は無いなんて巷では言いますが、コナン君なら正解を導き出してくれる事は間違いありません。利用者1人1人の、たった1つの正解の対応を見抜いてくれる事でしょう。

 

f:id:hareoku:20200708211550j:image

 

おまけに、落ちている薬が誰の薬なのかを瞬時に推理したり、名前の書かれていない白いステテコが誰のステテコなのかを推理してくれたりします。これも重宝されるポイントですよね。

 

仕事中は時計型麻酔銃を付けてはいけないという決まりを守ってくれるならば、介護士として迎え入れたい人材です。上手く育てば、日本一優秀な介護士になれるでしょう。

 

以上、絶対に介護士になるべきアニメキャラ3選でした。後で見返してみると、恐ろしく扱いにくそうな3人ですね。介護業界に欲しい人材ではありますが、僕の事業所には来てほしくありません。他の所で頑張って下さい。

 

おやすみ百烈拳。

 

次回は、『死後の世界が本当にあるかもしれない』という事について、記事を書きたいと思います。おかしくなった訳ではありません。ガチでその可能性が浮上しました。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメ記事↓】

これまでに紹介した介護士専門の転職サポート(求人)サイトまとめ - 介護職員の戦闘力が上がるブログ


カテゴリー上部に、僕がオススメする介護士専門の転職サポート(求人)サイトや、資格取得サポートサイトの紹介ページがありますので、退職・転職を考えている方や、何か資格を取得しようと考えている方は是非ご覧ください。

 

Twitter公式LINE、instagram、YouTube(遊んでます)
もやってます。下にあるプロフィールの所にリンクを貼っていますので、そちらの方もよろしくお願いします。