介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護事業所を運営している介護福祉士が、介護業界と介護についての情報を独自の見解を交えながら発信するブログです。

【提案】介護業界に好循環をもたらし介護士の待遇を改善する方法

f:id:hareoku:20180829223922p:plain

 

f:id:hareoku:20180608220904p:plain{宇宙

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

介護士女子と看護師女子の違いについて書いた記事をアップした金曜の夜から現在までの2日間で当ブログのPV数が35000PVを超えました。

 

PVの殆どをその記事が占めています。ヒットしたのは嬉しいですが僕の独断と偏見で埋め尽くされた内容になっているので鵜呑みにしないで下さいね(笑)

 

その記事のリンク↓

www.kaigo-harekun.com

 

さて今日は、介護業界に圧倒的好循環をもたらす方法について書いていきたいと思います。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

今の介護業界

今の段階では3Kなんて言われて待遇が良いとは言えない介護業界。こうなってしまったのには色々と理由があるわけなんですが、とにかく今この業界はとんでもない悪循環に陥っています。

 

その悪循環について簡単に説明すると…

 

①人材が足りない→②人材を選べない→③レベルの低い人材が集まる→④社会的地位が上がらない→⑤賃金が上がらない→⑥この現状に嫌気がさした優秀な介護士が辞めていく→⑦①に戻る

 

超簡単にですが、こんな感じです。ヤバイですよね。このループがこれまでずっと続いてきました。果ての無い宇宙のように

 

今はこの悪循環を断ち切ろうと厚労省も動いていますし、介護業界は良い方向に向かう流れになってはいます。

 

なってはいますが早くそうなってほしいので、流れを変えるスピードをアップさせる為、介護業界に好循環をもたらすであろう提案があります。

 

介護業界に好循環をもたらす提案

介護業界に好循環をもたらす提案…それは…転職ブームを巻き起こす事です。

 

売り手市場であるこの状況を活かし、『こんな職場で働きたくない』と思ったらさっさと違う施設・事業所に転職しちまうんです。

 

3年は働くべき―みたいな訳の分からない常識は介護業界には通用しません。人材不足+専門職というこれほど転職しやすい業界他に無いんですから。強みを活かさないでどうするんですか。

 

介護士の転職が盛んになるとどういう好循環が訪れるかと言うと…

 

①ブラック企業が減る→②ホワイト企業が生き残る(新たなホワイト企業が生まれる)→③ブラック労働から解放された介護士のストレスが無くなる→④より良いケアが出来る→⑤利用者満足度が上がる→⑥社会的地位向上に繋がる→⑦賃金アップや待遇改善が加速する→⑧転職会社が儲かる→⑨①に戻る

 

要するに、損するのはブラックの経営者だけです。自分の為に、良い職場に出会えるまで転職を繰り返すべきだと僕は思います。転職が本当に面倒なのは分かるんですが…。

 

最後に

 

転職したら解決するかもしれない問題を抱えていませんか?

 

仕事が原因でストレスに押し潰されそうになっているなら、その職場は絶対に辞めた方が良い。どんな理由があったとしても。

 

転職、楽しんでいきしょう。

 

おやすみなさい。

 

介護に関する事等、Twitterでは毎日発信しています。下にあるプロフィールの所にフォローボタンがありますので是非フォローお願いします。