介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護事業所を運営している介護福祉士が、介護業界と介護についての情報を独自の見解を交えながら発信するブログです。

【当たり前】ケアマネ試験の受験者数が激減している事について

f:id:hareoku:20181107215121p:plain

f:id:hareoku:20180608220904p:plain{400時間

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

僕本当に勉強が嫌いでして…(誰も聞いてない)。何かアイディアを出す為に頭を使うのは好きなんですけど、暗記系の試験勉強なんかは本当に苦手。頭痛くなる。

 

ケアマネ試験なんか大変ですよね。今や合格率20%前後でしょ。持ってるだけで努力ができる人という証明になりますね。

 

今日は、そんなケアマネ試験の受験者数が激減した理由を考察していきたいと思います。

 

 

(スポンサーリンク)

 

ケアマネ資格取得までに要する学習時間

ケアマネ資格を取得するまでにかかる平均的な学習時間は400時間と言われています。

 

400時間ですよ400時間。ポケモン緑20週できますし、カップラーメンが8000個出来上がります。とんでもないですよね。

 

合格率が20%を切る試験ともなるとそれくらいの勉強時間になっちゃうんでしょう。合格した人凄い。努力ができて頭の良い人なんだなと思います。

 

なぜ受験者数が激減したのか

なぜ受験者数が激減したかって、ハイリスクローリターンだからですよね。プライベート犠牲にして400時間勉強に費やして取得した資格を使って得られる収入が月20万って、これはサスガにキツい。良い所は良いみたいですが。

 

独立したとしても精一杯やって月40万程度しか稼げないし、勤続10年の介護福祉士の賃金が月8万アップする事もあって介護士を続けた方が良いと判断した人も多いと思います。

 

激減して当然じゃないですか。

激減して当然じゃないですか

 

誰だって二回言いますよこれは。

 

どうしてもケアマネとして仕事がしたい人以外は取らない資格になってしまいました。正直旨みが無さすぎるし、片手間で取れる資格ではなくなってしまいましたからね。

 

同じ400時間を使うなら、何か別の事に使う方が有益と判断した人が多いから受験者数が激減したという事だと思います。

 

最後に

今日はただの考察記事になっちゃいましたね。

 

時間は人間にとって最大の財産だと思うので、使い方には容赦なく慎重になるべきです。僕は、かける時間に対して得られるメリットが相応なのか考えてから行動に移すよういつも心がけています。

 

ただ、介護士→ケアマネこの流れは良いですね。

 

 

これからの時代、2つの分野で強い人は強いと思います。ただ、得意分野が4つとか5つになるとダメ。器用貧乏にならないよう注意して下さい。

 

おやすみなさい。

 

介護に関する事等、Twitterでは毎日発信しています。下にあるプロフィールの所にフォローボタンがありますので是非フォローお願いします。

 

プロフィール上のハレくんオススメ!の所にあるリンク先では、僕がオススメする介護士専門の転職サポートサイトや資格取得サポートサイト等を紹介しているので是非覗いてみて下さい。