介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護福祉士のハレくんが、介護業界と介護について独自の見解を交えながら、スベる事を恐れずに勢いで書いていくブログです。

【介護士】利用者に良いケアを提供する為には

 

f:id:hareoku:20181215222354p:plain

 

f:id:hareoku:20180608220904p:plain{砂漠

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

今日はちょっと真面目な話をしようと思います。まずはこちらのツイートをご覧ください。

 

 

いますよね。客である立場を利用してここぞとばかりにイキリ倒す愚か者。今日は、お客さんに「客は神様やろ!」と言われた時の対処法…

 

嘘です。こんなどうでも良い話はしません。こちらの本命ツイートをご覧下さい。

 

 

今日は、上のツイート内容について少し深く書いていきたいと思います。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

自分の事もちゃんと大切にしよう

世の為人の為なんて言葉がありますけど、実際、自分が満たされていない状態で誰かを満たす事は難しいと思います。

 

人は、自分が満たされていない状態で誰かを満たそうとすると故障します。空気の抜けたタイヤで走り続けているようなもので、安定感は無く、そのまま走り続けるとボロボロになってしまいます。

 

頑張り過ぎてしまう事は絶対にNG。周りの事ばかりを考えるのではなく、自分の事もちゃんと大切にして下さい。

 

例え話

例えば今、砂漠にいるとしましょう(急にどうした)。クソ暑い中丸一日何も飲んでいないので喉はカラカラです。そんな時、コップに三分の一程度のが出現したら…その水を他人に譲る事ができますか?

 

多分無理ですよね。「自分は譲る!」と言う方も、実際にその状況に直面したら無理だと思います。「生きないと」という本能が働くはずですから。

 

では、2ℓのペットボトルに満タン入った水が100本出現した場合はどうでしょうか。その場に2人いたとすれば、素直に50本づつ分け合う事ができると思います。

 

人は構造上、自分が満たされている状態だと人に優しくできます。自分が満たされていない状態では、素直な優しさを持つ事は多分できません。気持ちをごまかしながら無理矢理優しくする事は出来ますが、その状態が長く続くと病むと思います。

 

つまり何が言いたいかというと、介護士の賃金が引き上がる程、処遇が良くなる程、利用者に良いケアが提供できるという事です。

 

待遇が悪いので良いケアは提供できません…という意味ではありません。満たされた状態の方が、介護の質が自然に高くなるという事が伝わればと思います。

 

最後に

例え話なんてちょっとウザい気がしましたが、どうすれば言いたい事が上手く伝わるか考えた結果、砂漠でした(笑) お許し下さい。

 

今日は笑いも無く、大真面目に始まり大真面目に終わってしまいましたが勘弁して下さい。(大真面目に始まっていない)

 

介護は、人間全員に密接に関わるものだと思います。なので、介護職員だけでなく全ての人介護士の処遇改善を訴えてほしい。そう思います。

 

おやすみ人類。

 

介護に関する事等、Twitterでは毎日発信しています。下にあるプロフィールの所にフォローボタンがありますので是非フォローお願いします。

 

プロフィール上のハレくんオススメ!の所にあるリンク先では、僕がオススメする介護士専門の転職サポートサイトや資格取得サポートサイト等を紹介しています。