介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護福祉士のハレくんです。おかげさまで、当ブログ訪問者数42万人、PV数は230万PVを突破しました。

【哲学】介護福祉士として全人類に言いたい事があります

f:id:hareoku:20190313222840p:plain

 

f:id:hareoku:20190220224125p:plain{一方通行

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

はい。すみません。全人類だなんてまた大袈裟な事を言いました。でも、本当に皆さんに伝えたい事があります。

 

それでは聞いて下さい。誰かの為と思ってやっている事は実は自分の為。(演歌)

 

 

(スポンサーリンク)

 

自分の行動に見返りを求めるのはやめよう

世のため人のためと思ってやっている事、実は自分の為じゃないですか?という話をこれからさせて頂こうと思うのですが、一言にまとめると、自分の行動に見返りを求めるのはやめましょうという事です。

 

人類全員が見返りを求めるのをやめると、虐待や争いが大幅に減るんじゃないか思うんですよね。介護現場でも、「自分は利用者の為にこんなに頑張っているんだからもっと感謝しろ」←このような気持ちが、虐待を引き起こしてしまう場合があると思います。

 

誰かの為に何かをした時、何かしら見返りが無いとイライラしてしまうのが人間です。人間の構造上の問題なのでこれはこれで仕方がないのですが、見返りを求めるというのは本来おかしな話なのです。

 

例えば、自分の好きな人が困っていたので助けたとします。なぜ助けたのかって、自分が助けたかったからですよね。自分の、『助けたい』という感情を燃焼させたかったから助けただけなのに、それに見返りを求めるのっておかしいですよね。

 

逆に、自分の嫌いな人が困っていて、嫌々助けた場合はどうでしょうか。殆どの人が、助けたくないのに助けてやったと思うでしょうが、これも実は自分のためだったりします。助けない事で罪悪感を抱えたくないという気持ちや、周りの人に嫌な奴だと思われたくない気持ちがあるから助けるんですね。

 

『あの時助けてやったのに!』という気持ちが、争いを引き起こすんじゃないでしょうか。

 

感謝できないのもダメ

感謝の気持ちが無いような人は、言うまでもなくダメ人間です。でもそういう人に対しても、見返りを求めるような事はやめましょう。むしろ、助けたくない人の事は助けなくて良いと思います。

 

何かしら手を貸してもらったのに、一ミリも感謝できないような人は、助けを求める資格も無いと思いますしね。人としての筋を通して生きていれば、困った時に誰も手を貸してくれないという事は少ないと思います。

 

助けてもらった時に感謝はするが、助けた時に見返りは求めないという生き方が、正解なんじゃないでしょうか。

 

例えば一組のカップルがいたとして、彼女が彼氏の事を大好きだったとします。その彼女は、感情をどんどん表に出すタイプです。一方彼氏は、彼女の事は大好きですが、そういった感情を表に出す事が得意ではありません。

 

そんな彼氏に対して彼女が、「私はいつも気持ちをちゃんと伝えているのに、貴方からは全然伝わってこない!」と、見返りが無い事に怒ってしまうと、関係がギクシャクしてしまいますし、最悪別れの原因になったりもしますよね。

 

好きな彼氏に対して好きだと伝えたら、そこで完結すべきです。伝えたい事を伝えられたら、そこで目的は達成できていますよね。更に見返りを求めるのは、1与えて2受け取りたいというワガママになってしまいます。

 

『気持ちをもっと表に出して欲しい』と冷静に伝えるのは良い事だと思いますが、怒りをぶつけてしまうのはよくありませんよね。

 

人の気持ちは常に一方通行です。見返りという形で、はね返ってくるものではないと思います。一方通行の連続。一方通行永遠。フォーエバー一方通行です。

 

最後に

途中から何が言いたいのか分からなくなってきました(笑)

 

文章で伝えるのって難しいですね。分かりやすいかなと思ってカップルに例えてみたりしましたが、よく分かりません。なんとなく伝わればOKです。

 

介護士を長くやっていると様々な人間関係を目にしますが、見返りを求めない者同士の関係は素晴らしいといつも思うので、今日はこんな事を書いてみました。

 

 

僕の先日のツイートですが、誰かを批判したり、人の評価を落とすような事を言うのもよくないですよね。平和にいきましょう。

 

おやすみなさい。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメの記事です↓】

www.kaigo-harekun.com

 

カテゴリーの上部に、僕がオススメする介護士専門の転職サポート(求人)サイトや、資格取得サポートサイトの紹介ページがありますので、退職・転職を考えている方や、何か資格を取得しようと考えている方は是非ご覧ください。

 

介護に関する事等、Twitterでは毎日発信しています。下にあるプロフィールの所に、フォローボタンがありますので是非フォローお願いします。