介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護福祉士のハレくんです。おかげさまで、当ブログ訪問者数42万人、PV数は230万PVを突破しました。

【介護士】人はなぜ気軽に退職する事ができないのか

f:id:hareoku:20180829223922p:plain

 

f:id:hareoku:20190220224125p:plain{承認欲求など捨ててしまえ

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

『退職したい』

 

そう思っている介護士さんが沢山いると思うのですが、その中で、中々退職に踏み切れないという方も多いと思います。

 

家庭の事情で今の職場を辞められない場合を除いて、それ以外の方がなぜ退職に踏み切れないのかを考えてみた所、承認欲求に原因があるという事が発覚しました。

 

という事で今日は、人はなぜ気軽に退職する事ができないのかという事について書いていきたいと思います。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

気軽に退職に踏み切れない理由

介護士のような専門職の場合、職場が変わっても、これまでの経験とスキルを引き継いでいく事ができるので、転職には有利なわけですが、中々退職に踏み切れないという方が多いですよね。

 

退職なんて、退職届を出して2週間後から職場に行かなければ良いだけの話なので、本来物凄く簡単な事なのですが、人はなぜそんなにも複雑に考え踏み止まるのでしょうか。

 

その原因は間違いなく、承認欲求にあります。

 

例えば…

 

『逃げたと思われたくない』

『自分が辞めると会社が困る』

『好きな先輩や同僚に引き止められている』

『家族に心配をかけたくない』

『新しい職場で上手くやっていけるか不安』

 

これら全部、他者からの目を気にしていますよね。誰かの期待を裏切りたくない、自分を認めてもらえるだろうか、という承認欲求が退職を踏み止めさせています。これはよろしくないですよね。

 

それに加えて、何かを辞める時って物凄い勇気が必要ですよね。何かを始める時もそれなりに勇気は必要なんですけど、辞める時に比べたらたかがしれてます。何かを辞める決断というのは、非常に体力が必要です。

 

というわけで

 

承認欲求+辞める決断=退職できない

 

こんな方程式ができてしまいます。その他にも色んな要素が加わるので、仕事を辞めたいのに踏ん切りがつかないと悩むのは当たり前の事なんですよね。

 

人生を良い方向に向かわせようとする時には承認欲求が邪魔をする

退職や転職という行動は、自分の人生を今より良くする為の行動ですよね?悪くしようと思ってやる人いませんよね。

 

何が言いたいかって、自分の人生を良い方向に向かわせようとする時って、めちゃめちゃしんどいんです。とりあえず、承認欲求を捨てる事は基本的に必須になります。

 

これを理解してある程度腹を括っていないと、承認欲求に飼われて他人の目を気にしてばかりの人生になります。

 

ダルいですよね。

 

他人からの評価で自分の価値を決定するのは辞めた方が良いと思います。自分にどれだけ従う事ができるかが重要ですよね。

 

承認欲求はほどほどに、腹を括って、自分の人生を良い方向に向かわせて行きたいですよね。退職、転職を考えている介護士さんが、専門職の強みを活かし、自分に合った職場を見つけられる事を祈っています。

 

最後に

今日は一切ふざける事なく、大真面目な内容になってしまいました。いつも思っている事なのでスラスラ書く事ができました。

 

 

 承認欲求に打ち勝って、良い方向に行きましょう!

 

おやすみなさい。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメの記事です↓】

www.kaigo-harekun.com

 

カテゴリーの上部に、僕がオススメする介護士専門の転職サポート(求人)サイトや、資格取得サポートサイトの紹介ページがありますので、退職・転職を考えている方や、何か資格を取得しようと考えている方は是非ご覧ください。

 

介護に関する事等、Twitterでは毎日発信しています。下にあるプロフィールの所にフォローボタンがありますので是非フォローお願いします。記事更新のお知らせ等が届く僕のLINE@もプロフィール欄にありますので、よければ友達追加よろしくお願いします。