介護職員の戦闘力が上がるブログ

おかげさまで、当ブログ訪問者数42万人、230万PVを突破しました。

【介護士必見】怒り狂っている人の怒りを一瞬で沈静化させる方法【たった一言】

f:id:hareoku:20191230215058p:image


f:id:hareoku:20191230215045p:image{この紋所が目に入らぬかぁぁ!

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

 

お待たせしました。

 

僕は社会人になって初めて働いた会社で、よく怒っている人の対応をしていました。苦情窓口にならざるを得ない部署だったんですよね。電話での対応が多かったのですが、対面して対応する事もよくありました。

 

中には理不尽に怒り狂ってる輩も沢山いました。そんな連中の怒りをどうすれば早く沈静化させる事ができるのかを考え、編み出した必殺技があります。

 

その必殺技は、介護現場で利用者さんに対しても非常に使えるものだと思うので、このブログを見て下さっている介護士さんにシェアしたいと思います。僕も今でもよく使っているテクニックです。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

怒り狂っている人の怒りを沈静化させる方法

こちら側に非があって怒られている場合、誠意を持って謝るのは当然です。でも、こちらに非が無い場合や、どの角度から見ても致し方ない事情があるにも関わらず、事情を説明しても聞く耳を持たず怒り狂う人に対しては、介護士側が話術を持って怒りを沈静化させるしかありませんよね。

 

たった一言で、相手の大魔神級の怒りを沈静化させられる方法があるんです。分かりやすい例を上げながら説明しますね。

 

デイサービスの利用者さんを、15:30に家に到着するよう送迎の予定を組んでいたとします。しかし、その日は事故でもあったのか、道が混んでいて、家に到着したのが15:45になってしまいました。

 

家族さんに伝えていた時間より15分遅れてしまった事に対し、家で待っていた息子のタカシさんは、送迎スタッフの介護士に大激怒。

 

「ゴルァァァ!何遅れとんじゃボケェェ!こっちにも予定があるんやどないしてくれるんじゃゴルァァァ!!!」

 

と、怒り狂っておられます。

 

※実際ここまで怒る人はいないと思いますが、分かりやすく極端な例えをしています

 

そんな時、「事故があったみたいで道が混んでて…」と普通に事情を説明した所で、タカシさんの怒りが収まる事はないでしょう。むしろ怒りのボルテージは更に高まってしまうかもしれません。「言い訳するな!謝罪しろ介護士!」と。いますよねこういう人。

 

遅れた理由を説明する前に、ある言葉を伝えるだけで、タカシさんを物分かりの良い理解のある人に変えてしまう事ができるんです。その言葉とは…

 

「タカシさんなら分かってくれると思うんですけど…」

 

これです。

 

「タカシさん以外の人は説明してもいつも分かってくれないんです…」

 

この追撃をするとトドメを刺せます。

 

これらの言葉をかける事で、爆発級の怒りは沈静化し、人格者のような態度で接してくれる場合があります。勿論、100%誰にでも、どんな場面でも通用する訳ではありませんが、水戸黄門が印籠を出した時のように、相手の態度が一変する事も珍しくありません。

 

ではなぜ、狂うほどの怒りが、それらの言葉をかけられる事で沈静化するのかを説明しますね。

 

とにかくマウントを取りたい短気マン

理不尽に怒っていたり、ブチ切れている人って、もはや怒っている理由なんてどうでも良くなってるんです。自分を怒らせた相手を、ただ平伏させたいだけなんです。

 

『お前如きが俺様をイライラさせるなんて許せん!』『お前より俺の方が上だ!』という感情になっているんです。そんな相手に対して、怒らせる事になってしまった理由を説明して、納得してもらおうとしても無駄です。相手を平伏させたいだけですから。

 

「タカシさんなら分かってくれると思うんですけど…」という言葉をかける事で、『私はタカシさんを尊敬し、信頼しています』とタカシに捉えさせる事ができます。ニュアンス的にはそうなりますからね。

 

その時点で、ある程度タカシの怒りは収まります。自分の方が上であると、相手の介護士は認めていますからね。

 

ここで更に、「他の人は説明してもわからない」という言葉をかけられる事により、タカシは、相手の介護士だけでなく、多くの人の上に立ったかのような感覚になってしまうんです。

 

そうなると当然怒りは消失し、親分にでもなったかのような気分になり、人格者のような態度に一変します。

 

『遅れた理由を言ってみろ。他の奴は理解しようともしないだろうが、俺は人間が大きいんだ。ちゃんと説明してくれれば納得してやる。俺を他の奴らと一緒にするな。』

 

という気分にさせる事ができ、平和的にその場を凌ぐ事ができます。このテクニックは、介護業務を円滑にする効果もあるので、介護士さんには是非活用して頂きたい。歳上の人にほど、大きな効果を発揮します。

 

僕はこれまで何度もこのテクニックを使い、人の理不尽な怒りを沈めてきました。これが通用しない超絶理不尽野郎に遭遇してしまった時は、自分の主張をしっかりするようにしています。力には力で返します卍

 

最後に

これマジで使えるので、試してみて下さい。例え上手くいかなくても事態が悪化する事はないので、素直にオススメできます。

 

利用者さんが介護士に対して帰宅願望を訴えている時なんかも使えます。

 

落ち着いてもらおうと声かけをする前に、「〇〇さんなら分かってくれると思うんですけど…」と言うか言わないかで、声かけが上手くいく確率結構変わりますからねホントに。

 

今日紹介した、大人のプライドにアクセスできる魔法の言葉、ガンガン使っていきましょう。

 

おやすみなさい。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメの記事です↓】

www.kaigo-harekun.com

 

カテゴリー上部に、僕がオススメする介護士専門の転職サポート(求人)サイトや、資格取得サポートサイトの紹介ページがありますので、退職・転職を考えている方や、何か資格を取得しようと考えている方は是非ご覧ください。

 

TwitterLINE@instagramYouTube(遊んでます)
もやってます。下にあるプロフィールの所にリンクを貼っていますので、そちらの方も是非よろしくお願いします。