介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護士戦闘力が上がります。

【介護業界】主な連絡手段が電話ってオカシくないですか

f:id:hareoku:20220403193823j:image

 

こんばんは。介護福祉士のハレくん(@harekunoku)です。

 

今日の記事が多くの人に読んでもらえるのであれば、4日くらいなら寿命が縮んでも良い。

 

4日分の気持ちを込めて書いていきたいと思います。

 

いきなりですが、先日Twitterで実施したアンケートの内容と結果をご覧下さい↓

 

連絡手段は電話よりもメールやチャットを活用したいという介護業界人が圧倒的多数でした。

 

僕も社会人一年生の頃から思っていたんですが、今の時代、仕事の連絡を電話でやり合うほど非効率な事って無いと思うんです。

 

という事で、電話派の人には申し訳ないんですが、電話のデメリットをいくつかまとめてみました。

 

①記録が残らない

メールやチャットだと、送られてきた文章が記録としてそのまま残りますが、電話だと記録が残らないのでメモを取る必要があります。

 

シンプルにめんどくさい。

 

②折り返しの折り返しの折り返しの…

「担当の者が居ないのでまたコチラから折り返します」

 

これが連続する事があります。確変中の海物語のように。

 

居宅のケアマネや訪問介護事業所のサ責は外出の機会が多いので、結局終業まで電話が繋がらないまま、なんて事もありますよね。

 

吉本新喜劇かと。

 

言った言わない論争に発展する

「言いました」

 

「聞いてません」

 

ジャンケンせぇ。

 

即答を求められる

電話をかける側は、話す内容をまとめてから電話をかけるので問題無いんですが、受ける側はそうはいきません。

 

突発的にかかってきた電話の内容に対して、返答をする必要があります。即答で

 

いつもいつでも全ての事が頭に入っている訳では無いので、完璧な返答が出来ない事もあり、結局また折り返しの電話をするハメに。

 

ジーザス!!

 

着信アリが気になる

例えば、大事な会議中にスマホの画面を見ると、着信があったとしましょう。

 

『緊急事態か?なんの用事だろう…』

 

と、気になってしまいますよね。

 

電話世代じゃない人間は着信の存在が気になって仕方がありません。緊急事態の匂いがするんです。

 

仕事の手が止まる

全集中で仕事に取り組んでいる時に電話が鳴ると、そこで試合終了です。って安西先生が言ってました。

 

ただ仕事の手が止まるだけなら良いんですが、電話が鳴る前の集中力が戻ってこないという、最悪の事態に陥ってしまうのがネックです。

 

一度下がったモチベーションを元に戻すのって、大変です。

 

タイミングの問題

電話って、いつでもどこでも出られる訳じゃありませんよね。

 

車を運転している時だと何処かに停車する必要が出てきますし、うるさい所だと静かな場所に移動する必要があります。人と大事な話をしている時に電話に出るのも感じが悪い。

 

そして電話が鳴るのは大体タイミングが悪い時です。

 

まとめ

とまぁこんな感じで、電話って、かける側からすると最高のツールなんですが、受ける側からすると最悪のツールなんです。

 

かける側は、伝える内容を予めまとめておいて、電話をかけて言う事を言って切るだけなので、手っ取り早くて良いでしょうけど、かけ過ぎ注意です。相手の身になりましょう。

 

利用者さんやご家族の方に電話はやめましょうって言ってるんじゃないですよ。関係機関同士の話です。

 

緊急性の高い内容や、急いでる時は電話で良いんですが、返答が明日でも明後日でも良いような内容の事であれば、メールやチャットの方が効率的かつ合理的かつ気楽ですよね。

 

僕の周りだと、5割くらいがメールでやりとりしてくれるようになりました。行政関係は無理だし、FAXと電話以外は使えない方もいるので現状まだ5割です。

 

最初は10割電話でしたが、半分くらいの方とは文字ベースでやりとりしてもらえるようになったって感じです。

 

ただ、僕とは真逆の考え方の人もいるはずで、文字ベースでのやりとりが本当に苦痛という人もいると思うんです。

 

そういう人には配慮してあげたいですよね。僕の主張も、そういう人からすれば自己中な主張なので。

 

事業所内の連絡も、僕がオンラインサロンで利用しているようなSlackや LINEを活用して、極力電話はやめたいと思っている人が多いという事は、アンケートの結果を見ても分かりますよね。

 

休日に職場から電話って、テンション下がる人多いと思います。

 

という事で、メールやチャットの活用頻度を増やして、電話が主流の流れは変えていきたい。といった内容でした。

 

ではでは。おやすみかける側。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメ記事↓】

これまでに紹介した介護士専門の転職(求人)サイトまとめ - 介護職員の戦闘力が上がるブログ


Twitter、公式LINE、介護士コミュニティ(オンラインサロン)、instagram、YouTube
もやってます。下にあるプロフィールの所に各SNSのリンクを貼っていますので、そちらもよろしくお願いします。