介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護士戦闘力が上がります。

【剛腕】3年間も離職率ゼロだった介護事業所の経営戦略がヤバすぎる

f:id:hareoku:20220429214455j:image

 

こんばんは。介護福祉士のハレくん(@harekunoku)です。

 

今日するのは、大阪府のとあるデイサービスの話なのですが、なんとそこ、3年間離職率ZEROなんです。

 

最近、退職してしまった方が居るそうなのですが、鬼のような離職率の低さを維持されています。

 

鬼の離職率の低さを維持するための、度肝を抜かれるような経営戦略をお聞きする事ができましたので、今日はその戦略について、このブログの読者さんにも共有していきたいと思います。(許可はとってあります)

 

※この記事で求職者を募る訳ではなく、僕が無理言って書かせてもらってるので、その施設の取り組みについてだけを書かせてもらいます。

 

では早速いきましょう。

 

就業中の愚痴・悪口の禁止を徹底

そこでは、職員の方が快適に働けるための工夫が色々とされているんですが、その中で最も破壊力のある取り組みが、就業中の愚痴や悪口を禁止するというものです。

 

この契約を破った場合、顧問弁護士が介入して、解雇か懲戒解雇かみたいな話合いがされる場合もあるとの事です。(もちろん就業中のみ)ガチです。

 

僕これ聞いた時に、『根本治療』の4文字が頭をよぎりました。本当です。

 

この取り組みヤバいですよね。

 

厚労省の調査でも分かっているように、介護事業所の退職理由でダントツ多いのが人間関係なんですが、そこの問題を根本的に潰す最も本質的で効果的な方法だと思います。

 

思いつきそうで思いつかない、ハッとする豪快な手法ですよね。

 

愚痴・悪口を乱発する人はそもそも来ない

これだけ聞くと、荒治療みたいなイメージを持つ方もいるかもしれないんですが、よく考えてみて下さい。

 

職場内で愚痴や悪口を発すると解雇させる場合もあると説明されると、普段、愚痴や悪口ばかり言ってる人は、最初からそこで働こうと思わないですよね。

 

そもそも、そこには愚痴や悪口を言わない人しか集まらないんです。人を不快にさせる悪口を言わない、その方針に賛成している人しか集まらないようになっているんです。

 

僕も自分で事業所をやっていなければ、ここで働かせてもらいたい気持ちになりました。

 

そこの社長さんのニックネームはネクサスさんというのですが、ネクサスさんは、「自分は全然優秀じゃないのに、人に恵まれた。自分は運が良過ぎる。」と常々言われてます。

 

そういった取り組みの効果もあって、本当に良い人ばかりが集まっているんだと思います。

 

介護事業所における管理者の重要性

他にも色んな取り組みがされていて、例えば、管理者はスタッフノートを作り、個人毎に毎日良かった点のみを記入し、月1の管理者会議で発表するだとか、

 

管理者は該当スタッフが休みの時に、そのスタッフのノートに書いた事を何点か他のスタッフにそっと発表する、いわばプラスの陰口を言うようにするとか、

 

そういった事も意識的にされているそうです。

 

ネクサスさん曰く、管理者がしっかりしていて前向きであればチームは上手くいくとの事で、管理者さんの業務内容や人間性には徹底的に拘っているんだなという印象を受けました。

 

ネクサスさんとは

ちなみにネクサスさんは、僕がやってるオンラインサロンに参加してくれていて、人生7回目くらいなのかなって雰囲気のある、麻雀が大好きな人です。(紹介の仕方よ)

 

僕も麻雀大好きなので、スマホの麻雀アプリで時々勝負しましょうと話ているのですが、基本的に高い手しか狙わないそうなので、僕の中でアカギ疑惑が出てます。(ざわ…)

 

オンラインサロンで活用しているSlackというSNSアプリの中では、【ネクサスの労務_税金_法律相談】というチャンネルを持って下さっていて、ここではネクサスさんが、顧問弁護士や顧問税理士の方に繋いでくれて、メンバーさんの税金や労務、法律に関する質問に答えて下さいます。

 

f:id:hareoku:20220429214531j:image

 

僕がオンサロを作った当初、「こんなチャンネルあれば便利だと思うのでやりますよー」ってサラッと言って下さって、本当にお世話になってます。

 

オンサロの参加ページです↓たまには宣伝させてもらいたいと思います。

https://community.camp-fire.jp/projects/view/399911

 

まとめ

大きな問題を解決しようと思うと、小手先のテクニックよりも、剛腕かつ豪快な手法が必要になるんだなと身に染みて感じました。

 

ネクサスさん、SNSで事業所の発信とかスタッフ募集とかやってないですもんね。

 

大阪という人が多い地域で、人が辞めない取り組みをやるって、最強なのかもしれません。

 

という事で、鬼のように離職率が低い介護事業所の経営戦略についてでた。ではまた。

 

おやすみネクサスさん。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメ記事↓】

これまでに紹介した介護士専門の転職(求人)サイトまとめ - 介護職員の戦闘力が上がるブログ


Twitter、公式LINE、介護士コミュニティ(オンラインサロン)、instagram、YouTube
もやってます。下にあるプロフィールの所に各SNSのリンクを貼っていますので、そちらもよろしくお願いします。