介護職員の戦闘力が上がるブログ

おかげさまで、当ブログ訪問者数42万人、270万PVを突破しました。

【繊細な人】HSPの人にとって介護士は適職なのか

f:id:hareoku:20201019190034j:image

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

今日は、HSPの人にとって介護士は適職なのかどうなのか、という事について記事を書いていくのですが、先に、HSPとは何かという事について説明します。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

HSPとは

HSPとは、ハイリー・センシティブ・パーソンの略で、アーロン博士という方が、1996年に発表した、生まれつき感受性が強く、周りからの刺激に対して敏感に反応してしまう人の事を指します。(病気や障害では無い)

 

簡単に言うと、超繊細な人という事です。肌で言うと敏感肌。ニベア必須な人の事ですね。

 

HSP気質な人は、人口の約15%を占めるとの事で、かなりの割合です。この記事を読んでくれている介護士さんの中にも沢山いるんじゃないでしょうか。

 

HSPの人が持つ4つの特性

HSPには絶対的な特性が4つあります。自分が当てはまらないかチェックしてみて下さい。

 

①物事を深く考えてしまう

②刺激に敏感なため疲れやすい

③人の気持ちが分かり過ぎる

④感覚が鋭い(音や匂いに敏感)

 

この4つ全て当てはまるようなら、HSPという事になるようです。良い人なのは間違いない。

 

HSPの人は介護士として優秀なのか

そんなHSPの人が、介護士として優秀なのかどうなのかを考察していきます。

 

HSPの特性①の、物事を深く考えてしまうという特性は、介護士にとっては必須の能力と言って良いと思います。

 

介護の仕事は、人の人生に直接関与する仕事なので、哲学的な要素があります。しかも、人生経験を自分よりも遥かに積んでいる人を相手にするので、介護士には人間的な深さがある程度必要になります。

 

ドラゴンボールの悟空みたいな浅い思考の奴が、介護士として務まると思いますか?絶対無理ですよね。あの憎めないキャラも、介護現場では憎まれキャラになる事間違い無しです。入浴介助中に瞬間移動で居なくなりそうですし。

 

物事を深く考えてしまう事は、しんどい事かもしれませんが、介護士としては一流です。

 

②の、刺激に敏感という特性は、ちょっとした変化にも敏感に気づくという事ですから、これもまた、介護士としては必須のスキルですよね。

 

介護現場では気づきが大切という事は、言うまでも無い事なので、この面でもHSPの特性を活かす事ができます。悟空では気づけない。

 

③の、人の気持ちが分かり過ぎるという特性に関しては、理解や共感が必要な仕事である介護士にとってはチートスキルです。

 

しかもこの能力が高い人は、AIとの差別化ができるので、この先、職を失いにくいと言えます。AIの最大の弱点が、自分にとって強みな訳ですからね。

 

相手の心理が読めるという能力は、人生的にも介護士的にも強力な武器になり、利用者からの人気も得やすいチートスキルです。だから僕も心理の研究をしているんです。

 

カイジのEカードも、HSPの介護士なら会長に勝てます。高所恐怖症の克服と、鉄骨渡りの練習だけしときましょう。

 

最後④の、感覚が鋭いというのも、介護士として活かせるスキルですよね。

 

感覚が鋭いという事は、『利用者さんが不穏になった原因は〇〇なんじゃないか』という事に気づきやすいという事です。

 

鈍感な人には気づけない事が気づけるんですから、優位性があります。

 

夜勤中とか、小さな物音にも敏感に反応できると思うので、利用者の安全を守る能力も高いと言えます。

 

夜勤中に杖が倒れた音で心拍数4万くらいになりそうですね。

 

結論

結論、HSPの人は、介護士として鬼優秀です。適職だと思います。

 

僕が利用者の立場でも、HSPの介護士さんに担当してもらえたら幸せだろうなって思います。

 

HSPである事のデメリット

HSPの人が介護士として鬼優秀な事は間違いありませんが、注意すべきデメリットもあります。

 

それは、気づき過ぎて心を疲弊させてしまう可能性があるという事です。

 

気づけない鈍感な人って、楽なんですよ。病んでる悟空とか想像できないじゃないですか。気づき過ぎるって、本当に疲れる事だと思います。HSPうつなんて俗称がある程ですからね。

 

利用者からの暴言に対しても、受け流す事ができず、深く考えてしまい落ち込んでしまうでしょうし、人間関係の悪い職場なんて、HSPの人にとっては地獄の環境だと思います。

 

利用者さん側の立場でみれば、HSPの介護士は鬼のように優秀ですが、本人からすれば、介護士として働くのは辛い場合がありますよね。

 

HSPのデメリットを極限まで抑えて、強みを最大限活かすためには、人間関係の良い職場で働く事が最低基準かなと思います。働いている職場の環境さえ良ければ、グングングルトでしょう。(ちょっと何言ってるか分からない)

 

最後に

HSPは、メリットだけに注目すれば最強ですけど、諸刃の剣的な側面がありますね。武器として上手く活用できる職場と出会えれば良いんですが。

 

あとHSPの人に言いたいのは、優し過ぎる必要はありませんよ!という事。

 

このツイートは、HSPの人に向けたツイートでもあります↓


ドスコイ思考でいきましょう。

 

おやすみニベア。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメ記事↓】

これまでに紹介した介護士専門の転職(求人)サイトまとめ - 介護職員の戦闘力が上がるブログ


カテゴリー上部に、僕がオススメする介護士専門の転職サポート(求人)サイトや、資格取得サポートサイトの紹介ページがありますので、退職・転職を考えている方や、何か資格を取得しようと考えている方は是非ご覧ください。

 

Twitter公式LINE、instagram、YouTube(遊んでます)
もやってます。下にあるプロフィールの所にリンクを貼っていますので、そちらの方もよろしくお願いします。