介護職員の戦闘力が上がるブログ

見るだけで介護士戦闘力が上がります。

【給料上がる?】2021年度の介護報酬改定はプラス改定でほぼ確定【介護士必見】

f:id:hareoku:20201215220228j:image

 

 

こんばんは。介護福祉士のハレくん(@harekunoku)です。

 

(介護業界歴10年、会社役員でサービス提供責任者です。twitterやブログでの情報発信歴は3年で、twitterフォロワー数は約1.6万人、ブログのtotalPV数は約300万PVです。)←当記事アップ時点

 

今日は久しぶりにニュース系の記事です。最近、特にお知らせすべき重要なニュースは無かったのですが、今回、介護報酬改定に関する新しい情報が出ており、介護士さん超必見の内容になっているので、シェアしていきたいと思います。

 

この件については、読売新聞さんのコチラの記事に分かりやすくまとめられていたので、ソースとして貼っておきます。

【独自】介護報酬、プラス改定で調整…コロナ対応に配慮 : 政治 : ニュース : 読売新聞オンライン

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

2021年度は介護報酬プラス改定でほぼ確定

2021年度の介護報酬改定は、プラス改定で確定だと思っておいて問題ないと思います。金保留・キリン柄カットイン・激アツ演出リーチと同等の期待値です。

 

厚労省は前々から介護報酬を引き上げたくて仕方がなかったのですが、財務省がずっと邪魔をしていたという感じですね。

 

「プラス改定とする事情は見出せない」

 

みたいな事を一貫してずっと言っていたので、コチラとしては、モンゴリアンチョップをお見舞いしてやりたい気持ちでいっぱいでした。

 

しかし、厚労省や与党内、介護業界からの声が届いた事もあって、財務省も介護報酬がプラス改定となる事を容認したとの事です。(話せば分かる財務省)

 

ネックになっていたのが財務省の存在だけだったので、ここをクリアできたという事は、引き上げ確定と言って良いレベルでしょう。2021年度から、新たな介護報酬単価でスタートです。

 

介護報酬の引き上げ率予想

介護報酬の引き上げ率については、今の所まだ全く分かっていませんが、前回の改定が0.54%と微増だったにも関わらず、介護事業所の倒産が過去最多ペースである事や、感染症の影響で経営状態が厳しくなっている事業所がかなりある事を考えると、今回は微増ではなく、思い切って上げてくる可能性があります

 

介護報酬改定は3年に1度なので、来年改定すると、次に行われるのは2024年になりますが、その時に引き上げても手遅れ感があります。

 

なぜ手遅れ感があるのかと言うと、2025年問題というのがあって、2025年は、後期高齢者が爆増するポイントの年なんです。国民の4人に1人が75歳以上になるという、大年寄り時代に突入します。この問題をどう乗り越えれば良いのか、答えはまだ出ていません。

 

とにかく2025年までに、介護士の数をできる限り増やしておく事が得策な事は間違いないので、2021年度の改定で、未来の日本のために、介護報酬をある程度引き上げてくるのではないかと僕は予想しています。

 

ちなみに、過去最高の上昇率が3%(2009年)なので、今回もそれと同等の、3%前後の引き上げになるんじゃないかなと、希望的観測抜きでそう思っています。

 

『3%程度引き上げになった所で、収入は上がらないだろうし、意味ないでしょ』

 

と思われた介護士さんも多いかもしれませんが、3%はかなり大きいですし、多少の収入アップには期待できると思います。

 

しかし、それよりも重要な事があります。介護報酬の引き上げは、介護士の社会的地位上昇に繋がるという事です。社会的地位が上昇していくほど、収入も上がりやすくなるので、介護報酬が大幅に引き上げられる事は、介護業界的にかなり大きな一手になるという事です。コチラ参考ツイートです↓

 

 

最悪のパティーン

介護報酬が大幅な引き上げになると言っても、最悪のパターン…いや、最悪のパティーンもあります。

 

それは、〇〇の場合は減算、のような、訳の分からない細かいルールが沢山出来て、多くの事業所が、実質的にプラマイゼロくらいの報酬になってしまうというパティーンです。

 

もしそうなった場合、国は意図的にそうしています。印象操作ですね。

 

『介護報酬を3%引き上げたぞー!!』

 

と大々的に叫びながら、コソコソと裏で引き上げた分を回収するという姑息な手口です。

 

介護事業所の収入は大幅に上がったと報じられ、実際そんな事ないよという事は報じられないという、お約束みたいな事が起こる可能性もあります。

 

そうなった場合は、みんなで海外移住をしましょう!(笑)

 

国が介護崩壊を容認したという事になるので、ずっと日本にいるのは危険です。少しでも若い内に、福祉の整った海外に逃亡しましょう。

 

僕は福祉臭い事を言うのは本当に苦手ですが、国は福祉に金をドゥインドゥイン使うべきです。福祉が整っていると、生きていく上での不安が削ぎ落とされるので、国全体に活気が出て、仕事の生産性なんかも上がるはずです。

 

なので3%と言わず、7000%の介護報酬引き上げをよろぴくお願いいたします。

 

最後に

引き上げ幅が0.5%とかだと、もはやネタにもならないですよね。美味しいと評判のラーメン屋さんに初めて行って、天津飯だけ食って帰るくらい、何がしたいのか分かりません。

 

改定結果は今年中に発表されるらしいので、とりあえず楽しみに待ちたいと思います。続報をお待ちください。

 

【追記:12/15 23:50】

介護報酬、0.7%の引き上げ予定で最終調整に入っているようです。先程確認した所、速報が出てました。0.7%って、どうコメントすれば良いか分かりません。ネタにもならないやつ来ました。

とりあえずソース貼っておきます↓

https://www.google.com/amp/s/mainichi.jp/articles/20201214/k00/00m/040/326000c.amp

 

おやすみ厚労省。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメ記事↓】

これまでに紹介した介護士専門の転職(求人)サイトまとめ - 介護職員の戦闘力が上がるブログ


カテゴリー上部に、僕がオススメする介護士専門の転職サポート(求人)サイトや、資格取得サポートサイトの紹介ページがありますので、退職・転職を考えている方や、何か資格を取得しようと考えている方は是非ご覧ください。

 

Twitter公式LINE、instagram、YouTube(遊んでます)
もやってます。下にあるプロフィールの所にリンクを貼っていますので、そちらの方もよろしくお願いします。