介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護福祉士のハレくんが、介護業界と介護について独自の見解を交えながら、スベる事を恐れずに勢いで書いていくブログです。

【人生の勝ち方】僕が介護士の仕事を通じて得た圧倒的気づき

f:id:hareoku:20190604220450p:plain

 

f:id:hareoku:20190220224125p:plain{ケーーーーンッ

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

『成功』の定義って人によって違いますよね。これは僕の意見ですが、別に大きな事を成し遂げた訳ではなくても、ある程度毎日を不安なく楽しく過ごせているって人は、成功者だと思うんですよね。

 

今日はそんな、成功者の共通点について書いていきたいと思います。介護士の仕事を通じて得た僕の気づきです。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

成功者の共通点とは

成功者の共通点として、感情を優先しないというのがあると思っています。

 

怒った時にいきなり、「クソッタレー!」とか言いながらエネルギー弾をかましてこないような人の事です。

 

ツイッターでも同じ事を呟いてみた所、多くの介護士さんの共感が得られました。

 

 

例えば嫌な出来事があった時、すぐに怒りの感情をあらわにする人や、拗ねてなりふり構わなくなってしまう人の周りからは、人は離れていくという事を確信しています。

 

トラブルメーカーの近くにいると、トラブルに巻き込まれたら嫌だな…と不安になりますし、すぐに拗ねる大人の相手なんかめんどくさくてできないですよね。

 

逆に、自分の身に起こった出来事を、一旦自分の中で処理して、ここでどういう行動をとるのが自分や周りの人にとって最も得策かを考えて行動してきた人は、歳をとってからも沢山の人の協力を得られているように思います。

 

僕ら介護士だって、すぐに怒鳴り散らすような利用者さんを相手に仕事をするのは正直嫌ですよね。仕事でなければ絶対に関わらないと思います。

 

優しくて理解のある利用者さんには、もっと良いサービスを提供したい!と、協力的な気持ちになりますよね。人間ですもん。

 

成功貯金を貯めよう

因果と言いますか、当たり前の事だと思うんですけど、感情的で自分勝手な人の周りからは最終的に誰も居なくなっています

 

人間1人で生きていくのは不可能ですし、誰かに生かされている面はあると思うので、人を遠ざけるような生き方をしていて人生が良くなるわけないですもんね。

 

周りの人の事を考えずに感情のまま生きている人を見ると、一見、ストレスを回避しながら自由に生きてて羨ましいな〜と思うかもしれませんが、気づかないうちに人生の失敗貯金を貯めちゃってるって訳です。

 

歳をとっても、沢山の人の協力を得ながら笑顔で過ごせている人は、若い頃から、周りに配慮しながらコツコツ成功貯金を貯めてきたんだろうな〜と思います。

 

結局、自分の感情をコントロールするのが上手い人は、自分以外の人の感情をコントロールするのも上手いって事ですよね。

 

人の感情をコントロールするのが上手な人ほどビジネスをやっても上手くいくと言われていますし、そういう方はビジネスセンスもあるんだろうなと。

 

僕が介護士になって良かったなぁと思う点は、こういう気づきがあるという点です。

 

どの角度から見てもバカだった自分ですが、この仕事のおかげでだいぶマシな人間になれたんじゃないかな〜と思っちゃってます。まだまだですけど。

 

今の介護業界は、処遇改善や賃金改善が進んできていますし、人生的に勉強になる事も多いので、子供達からも人気の職業になるといいですよね。

 

最後に

なんか今日の記事は内容が真面目過ぎて恥ずかしいです…(笑)

 

感情的に生きるのは良くないって事を書きましたけど、とことこんお人好しでいるべきって事が伝えたかったわけではないんです。怒るのが得策な場合もあると思うので。

 

普段優しいのに怒ったら怖い人って、本当に優しい人なんじゃないかと思うんですよね。北斗の拳のケンシロウなんかそうですよね。

 

え ?フリーザ様も普段優しくて怒ると怖いけど、実際は非情な奴…ですか。

 

例外もいます。

 

おやすみなさい。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメの記事です↓】

www.kaigo-harekun.com

 

カテゴリーの上部に、僕がオススメする介護士専門の転職サポート(求人)サイトや、資格取得サポートサイトの紹介ページがありますので、退職・転職を考えている方や、何か資格を取得しようと考えている方は是非ご覧ください。

 

介護に関する事等、Twitterでは毎日発信しています。下にあるプロフィールの所にフォローボタンがありますので是非フォローお願いします。記事更新のお知らせ等が届く僕のLINE@もプロフィール欄にありますので、よければ友達追加よろしくお願いします。