介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護士戦闘力が上がります。

【怖い話】謎の男【介護施設】

f:id:hareoku:20210809102725j:image

 

こんばんは。介護福祉士のハレくん(@harekunoku)です。

 

最近暑くてかなわないので、怖い話でも置いときますね。(唐突)

 

介護士の皆様の、入浴介助中の体感気温が少しでも低くなる事を祈りつつ、執筆していきたいと思います。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

謎の男

6年前の夏のある日の事、小規模多機能ホームに勤めていた僕は、いつものようにセカセカと働いていました。

 

そこの小多機では、お昼に1時間のお昼寝タイムがあったんです。一日中車椅子に座りっ放し、椅子に座りっ放しは辛いだろうという事で、利用者さんたちに少し横になって頂こうという配慮でした。

 

しかし中には、「今日は横にならなくて大丈夫」という方もいらっしゃいます。

 

僕はその日、お昼に横にならなかった利用者さん4名と、ホールで雑談をしていました。他愛のない会話だったと思います。

 

そんな時、窓の外に、小さな男の子が施設の中を覗いているのを発見しました。

 

窓を開けるとすぐフェンスがあったのですが、その男の子は、フェンス下部にあるブロックに登り、もたれるようにして施設の中を見ていました。

 

利用者の皆さんは、「あら〜あんな小さい子が来てる」「可愛いなぁ」「幼稚園くらいの子かなぁ」などと、その場の空気が和やかになったのを覚えています。

 

そして時間は過ぎ18時30分頃、遅番だった僕は、利用者さんを居室に案内していきます。そんな中、お昼に雑談していた利用者さんの一人が、「今日の男の子可愛かったわね〜」と言いました。

 

「そうですね。可愛かったですね。」と返事をすると、「あの子のお父さん、背が高かったね」と返ってきたんです。

 

…お父さん?

 

僕が見たのは男の子だけで、その子のお父さんらしき人物は見ていなかったのですが、まぁ僕が見てないだけだろうと、特に気にせず介助を済ませ退出しました。

 

また少し時間が経ち、19時30分くらいだったでしょうか。先ほどの利用者さんの居室からコールがありました。

 

僕は退勤する直前だったのですが訪室し、「どうしました?」と声をかけました。するとその利用者さんが、「アレ」と言いながら窓の方を指さすので見てみると、そこには背の高い男性が立っていました。

 

『あの人が今日来てた子供のお父さんか…なんか気持ち悪いな…』

 

と思いつつも、会釈をしました。するとその男性、コチラに向かって何かを言ってるんです。窓が閉まっているので聞き取れなかったので近くに寄っていくと、こう言っている事が判明しました。

 

「あの子のお父さんじゃない!!!」

 

 

 

 

 

あの男性は一体誰だったのでしょうか。なぜあんなにも不気味な笑顔で施設の中を見ていたのでしょうか。そもそも何がしたかったのでしょうか。なぜ僕はこんな微妙な作り話を配信してしまったのでしょうか。全てにゾッとしてしまいます。

 

という事で介護士の皆様、お早いですが今日はこのへんで失礼します。

 

おやすみ謎の男。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメ記事↓】

これまでに紹介した介護士専門の転職(求人)サイトまとめ - 介護職員の戦闘力が上がるブログ


Twitter公式LINEオンラインサロン、instagram、YouTube
もやってます。下にあるプロフィールの所に各SNSのリンクを貼っていますので、そちらもよろしくお願いします。