介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護士戦闘力が上がります。

【京都伏見介護殺人事件】あまりにも悲しい介護殺人事件の結末

f:id:hareoku:20210612120849j:plain



 

こんばんは。介護福祉士のハレくん(@harekunoku)です。

 

皆さんは、2006年に起こった、京都伏見介護殺人事件をご存知でしょうか。

 

知っている介護士さんも多いかもしれませんが、この事件、あまりにも悲しく、介護士として考えさせられる介護殺人の事件なので、内容を共有していきたいと思います。

 

京都市伏見区介護殺人事件

2006年、京都市伏見区で54歳の男性と86歳の女性(54歳男性の母親)が心中を図り、86歳の女性が死亡するという事件が発生しました。男性は一命を取り留めています。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

その男性は、両親と3人で普通に暮らしていたのですが、父親が他界した1995年に母親が認知症を発症してしまい、それから仕事と介護を両立する生活が始まりました。

 

その生活は壮絶なもので、男性はやむを得えず仕事を休職し、しばらく母親の介護に専念する事を決めます。

 

その後母親の認知症はどんどん悪化していき、男性は仕事に復帰する事ができなくなってしまい退職します。生活保護を貰いながら、介護を続けていく事を決めました。

 

しかし失業保険がある事を理由に、生活保護の申請は通らなかったそうです。

 

その後、男性と母親の生活はどんどん苦しくなっていき、家賃の支払いもできない状況にまで経済状況は悪化していきます。

 

この頃から男性は、母親との心中を計画するようになったそうです。

 

そして2006年のある日、男性は母親との心中を決意し、母親を車椅子に乗せ、近くの河川敷に向かいました。

 

その河川敷で、男性は母親にこう声をかけます。

 

「もう、生きられへんのやで。ここで終わりや」

 

すると母親はこう返したそうです。

 

「そうか。あかんのか。一緒やで。お前と一緒や。こっちに来い。お前はワシの子供や。ワシがやったる」

 

その言葉を聞いた男性は泣きじゃくりながら母親の首を締め、殺害しました。

 

その後男性はすぐ、包丁で自分を切りつけ、近くにあった木で首を吊ります。意識を失った所でロープが解け、それから約2時間後、通行人の通報により2人は救急搬送され、男性だけが一命を取り留める事になりました

 

その後の裁判でその男性は、「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」と供述。

 

その言葉に法廷は静まり返り、裁判官や刑務官は、必死に涙を堪えていたそうです。

 

男性に下された判決は、懲役2年6ヶ月、執行猶予3年。殺人罪としては異例の判決となりました。

 

裁判官は、「裁かれているのは被告だけではない。介護制度や生活保護の在り方が問われている」とし、男性に対して、「母親のためにも、幸せに生きていくよう努力して下さい」と声をかけたそうです。

 

裁判官のその言葉に男性は、「ありがとうございます」と涙を拭いました。

 

この話はここで終わりません。

 

事件から8年後の2014年、その男性は、会社をリストラされた事が原因で、自殺してしまいます

 

遺体として発見された男性が所持していた鞄には、現金数百円と、母親とのへその緒が入っており、『一緒に焼いてほしい』というメモが残されていたそうです。

 

最後に

これは有名な事件ですが、同じような事は世の中で沢山起こっていると思いますし、現在進行形で地獄のような介護生活を送っている人も多くいると思います。

 

僕たち介護士は、利用者さんのケアだけではなく、ご家族の精神的なケアも意識して仕事に取り組まなければいけないと思わされますね。

 

今日は以上です。

 

おやすみなさい。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメ記事↓】

これまでに紹介した介護士専門の転職(求人)サイトまとめ - 介護職員の戦闘力が上がるブログ


Twitter公式LINEオンラインサロン、instagram、YouTube
もやってます。下にあるプロフィールの所に各SNSのリンクを貼っていますので、そちらもよろしくお願いします。