介護職員の戦闘力が上がるブログ

介護福祉士のハレくんが、介護業界と介護について独自の見解を交えながら、スベる事を恐れずに勢いで書いていくブログです。

【信用第一】信用される介護士ってどんな人だろう

f:id:hareoku:20190630214308p:plain

 

f:id:hareoku:20190220224125p:plain{型にはまりたくない

 

こんばんは。介護福祉士のハレくんです。

 

介護サービスの利用者さんや家族さんからすると、介護士は信頼できる存在であってほしいですよね。

 

家庭内の情報をある程度知られる事になりますし、家の中にも入られますし。信用できるまでは警戒してしまうのが本音だと思います。

 

という事で今日は、信用される介護士ってどんな人だろうかという事を書きながら考えてみたいと思います。

 

 

(スポンサーリンク)

 

 

信用できる介護士ってどんな人だろう

僕が思う信用できる介護士さんは、綺麗な人間を演じない人です。

 

利用者さんや家族さん、上司の前でだけ、綺麗な人間を演じる介護士が一定数いるんですよね。

 

綺麗な人間を演じるとはどういう事かと言うと、「お金の為に仕事をしているんじゃない」こんな事を言ってみたり、「心で寄り添えば、利用者さんから理不尽に暴力を振るわれても笑顔でいられる」こんな事を言っちゃう人です。

 

これが、誰の前でも何処でも同じ事を言っているなら良いのですが、だいたい目上の人の前でだけって場合が多いですよね。

 

介護士は神様でもAIでも無いので、お金が無いと生活はできませんし、理不尽に殴られると腹は立ちます。なので、お金いらないとか、腹すら立たないとか、人間ならあり得ないわけです。

 

本音を全てブチまけるほどバカ正直じゃなくて良いと思いますけど、度が過ぎるほどに綺麗な心アピールをしてくる人には、だいたい裏表がありますよね。

 

皆さんの職場にはいませんか?上司の前と同僚の前、家族さんの前と利用者さん本人の前とで態度が明らかに違う介護士。その人を信用できますか?できませんよね。

 

あのフリーザ様も、ベジータがいずれ裏切る事はお見通しでしたよね。あの男が心から服従しているわけありませんもんね。

 

そんな感じで、本人は演じきれているつもりでも、周りは案外分かっているもんだと思います。

 

なので、介護士はこうあるべき!みたいな、そんな型にハマらなくて良いと思うんですよね。逆に信用されないと思う。

 

仕事を真面目にやって、マナーを大切にしていれば、ある程度本音でモノを言う方が信用されるんじゃないかなと。

 

僕昔、利用者さんの家族さんに、「あんたは本音でモノ言うから好き」って言われた事があるんですけど、あれは今でも思い出すほど嬉しい一言でした。

 

世間の理想の介護士像でいる必要は無いと思います。そんな事意識してると妙に演じないといけなくなるし、介護士的にもストレスになりますよね。ストレス無い方が利用者さんに良いケアを提供できるとも思いますし。

 

結論(眠くなってきた)、型にハマろうとしなくても、信用は勝ち取れる!

 

最後に

仕事する上で一番大切なのは間違いなく信用ですよね。僕たちも物を買うとき、その商品を信用して買っています。信用が無ければお金も稼げないし、そもそも仕事も得られないって事ですよね。

 

(イキっていると信用失う)

 

仕事もブログも、信用してもらえるように頑張っていきたいと思います!

 

…しかし1000文字近く文字を書くと眠たくなるこの現象はなんなのでしょうか…。そういえば、甲子園と1000文字付近には魔物がいるって昔からいいますよね…。

 

おやすみなさい。

 

【退職・転職(就職)を考えている方にオススメの記事です↓】

www.kaigo-harekun.com

 

カテゴリーの上部に、僕がオススメする介護士専門の転職サポート(求人)サイトや、資格取得サポートサイトの紹介ページがありますので、退職・転職を考えている方や、何か資格を取得しようと考えている方は是非ご覧ください。

 

介護に関する事等、Twitterでは毎日発信しています。下にあるプロフィールの所にフォローボタンがありますので是非フォローお願いします。記事更新のお知らせ等が届く僕のLINE@もプロフィール欄にありますので、よければ友達追加よろしくお願いします。